グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
産学官連携

本文の開始

研究シーズ : リモートセンシング/データ 融合


岩崎 晃 教授

研究室サイト

研究者プロフィール

想定される連携・技術移転先

リモートセンシングを用いて環境監視や農業利用を考えている企業

製品化・事業化イメージ

光学センサ開発、データ融合などの処理アルゴリズム

研究の特徴・PRポイント

センサ開発から処理アルゴリズムまでの一貫した研究開発

共同研究を希望する分野・キーワード

光学センサ、画像処理






研究内容


知能工学の研究の目的は、獲得したさまざまなデータから役に立つ情報を取り出し、さらには人間や社会にとって有益な知識を創出することにある。本研究室では地球観測センサのモデリングやデータ融合により、地球観測データを飛躍的に使いやすいものとすることを目的として、センサから処理アルゴリズムを一貫して開発するとともに、得られたデータを役に立つデータに変えるアルゴリズムの研究を行っている。

多重分光画像と高精細画像から高精細分光画像を作成
衛星搭載用光学センサ(地上モデル)
衛星観測ステレオ画像から再生した地形モデル
衛星観測ステレオ画像から再生した地形モデル

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo