グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
産学官連携

本文の開始

研究シーズ : 疾病にかかわる遺伝子診断を容易にする技術の開発


岡本 晃充 教授

研究室サイト

研究者プロフィール

想定される連携・技術移転先

DNA解析、RNA発現解析、RNA構造解析、エピゲノム解析、遺伝子多型解析など核酸機能解析に関わる全ての研究内容について展開可能です。

製品化・事業化イメージ

遺伝子診断キット作製、DNAを構成する化合物などの合成

研究の特徴・PRポイント

当研究室で開発したプローブ(遺伝子などの識別に用いられる物質)により、従来よりも簡便かつ短時間に遺伝子診断を行うことが可能となる。

共同研究を希望する分野・キーワード

ヌクレオシド合成、カスタムオリゴ合成、診断チップ作製、診断プローブキット作製、遺伝子解析システム設計、簡便診断装置作成



研究内容


生命現象の基本である遺伝子機能の質的および量的な変化を可視化する機能性ヌクレオチドを化学合成によって作製しました。標的とする分子の核酸配列に結合する核酸プローブにこの機能性ヌクレオチドを組み込むことによって、簡便でかつ精密な核酸解析が可能になります。これにより、遺伝子診断などの画期的な簡素化を実現する可能性が拓かれました。

1. 発現したRNA(ribonucleic acid、リボ核酸)の種類と量を、試験管内などで色によって表現されるため瞬時に決定できます。

2. 配列の特定の箇所の遺伝子多型を、プローブのハイブリダイゼーションによって、簡単に判別できます。

3. 配列の特定の箇所でのDNAのメチル化を、プローブとの化学反応を用いて、短時間で定量化できます。



既に市販へ至った人工核酸プローブの一例(ICONプローブ、ジーンデザイン社)
既に市販へ至った人工核酸プローブの一例
(ICONプローブ、ジーンデザイン社)
混ぜるだけで核酸配列を光で確認できる
混ぜるだけで核酸配列を光で確認できる

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo