グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
産学官連携

本文の開始

研究シーズ : 量子情報処理技術の開発


中村 泰信 教授

研究室サイト

研究者プロフィール

想定される連携・技術移転先

量子情報科学の応用として量子通信・量子計算の実用化を目指している研究機関・企業

製品化・事業化イメージ

量子通信・量子計算の実現による、通信の安全性・容量の向上,計算能力の飛躍的向上

研究の特徴・PRポイント

超伝導量子回路技術を用いた量子制御技術と光学・ナノメカニクス・スピントロニクスなどの異分野技術との融合を目指す。

共同研究を希望する分野・キーワード

磁気光学結晶・超伝導薄膜成長用結晶基板・ナノメカニクス素子・極低温用光実装・高速データ収録・パルス発生回路製作、光学部品、光学研磨技術



研究内容


量子力学の原理をあらわに活かした新しい情報処理・通信、精密計測などの実現を目指した研究を行っている。特に電子デバイス・光デバイスにおける量子状態の制御・観測に関して物理および工学の側面からの探究を行っている。 具体的なテーマは以下のとおり。

(1)超伝導量子回路における巨視的人工原子としての超伝導量子ビットとマイクロ 波光子の相互作用の制御に関する研究

(2)異なる量子系の間のコヒーレントなインターフェースとなる複合量子系の研究



量子もつれ中継の概念図
量子もつれ中継の概念図
超伝導量子回路実験装置
超伝導量子回路実験装置

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo