グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
産学官連携

本文の開始

研究シーズ : スマートな交通流・人流・物流のシステム開発


西成 活裕 教授

研究室サイト

研究者プロフィール

想定される連携・技術移転先

交通・人の移動・物流に関連している企業 (自動車会社、物流会社、バス、鉄道、エレベーター、航空、イベントやスタジアム関係)

製品化・事業化イメージ

渋滞抑制技術のシステム構築(渋滞情報アプリ、車間距離制御技術、群集誘導)、スマート物流システム、生産計画ソフト、駐車場管理、配車管理など

研究の特徴・PRポイント

車、人、モノの流れに生じる渋滞・混雑・停滞を科学的に分析し、そのソリューション技術を構築する「渋滞学」を提唱。

共同研究を希望する分野・キーワード

交通、物流、人の避難誘導、生産ライン



研究内容


車や人の渋滞や混雑は今や大きな社会問題の一つですが、この緩和をめざして新しい数理物理学的なアプローチで研究するのが当研究室で取り組んでいる「渋滞学」です。渋滞は車や人だけでなく、インターネットの通信にも見られ、また、バスやエレベーターでも発生し、そして工場での生産ラインで在庫がたまるのも渋滞といえます。これらを分野横断的に研究し、数理モデルで理論的に解き明かし、そして実験や観測、シミュレーションを通じて新しい解消方法などを提案しています。これまで多くの企業や団体、各国政府機関と協力して様々な渋滞解消の共同研究をしてきました。例えば自動車メーカーなどとの車間距離制御システム、そして公共施設での群集誘導と避難、生産ラインでの効率的な生産計画などです。厳密な数理科学の実社会応用により、今後も真に持続可能な総合交通システムの構築をめざすとともに、高齢化社会での安全なモビリティについて考えていきたいと思います。

           車の走行実験と渋滞情報提供
車の走行実験と渋滞情報提供 / カーナビと車間距離制御
カーナビと車間距離制御           
工場での 在庫、ライン
工場での 在庫、ライン / 待ち行列 人の誘導
待ち行列 人の誘導

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo