グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
先端研について

本文の開始

所長あいさつ

東京大学先端科学技術研究センター所長 神崎亮平
科学と技術のハーモニーで人と社会をつなぎ、
未来を形にする先端研

所長 神崎 亮平


生物はそれを取り巻く環境に大きく依存します。環境という状態の中で、個々の動きやネットワークが決まる。環境を見ると個々の動きが見えてくるのです。

東京大学 先端科学技術研究センター(先端研)は、理工系の先端研究と、社会科学やバリアフリーという社会システムに関わる研究を、 基礎から応用、社会へと広範な領域で行う、いわば“ミニ東大”です。 多様な研究分野を融合活用する環境が、社会のあらゆる要請に素早く対応できる先端研の機動性を生み出しています。

社会の複雑な課題に対し、いかに個々の研究成果を結びつけ、全体の中での関連性を見出すか。そのためには、基礎と応用研究を相互に着実に進めることが重要です。 基礎がしっかりしていれば、問題が生じても基礎から課題を再確認できるからです。 先端研は、まさに盤石な基礎研究の上に応用研究そして融合研究を図り、社会のニーズに責任を持って応える力を更新し続けています。 そのためには、若い研究者の力が不可欠で、活気あふれる有能な人材が学び、育ち、自在な研究を通して活躍できる場を提供するのも先端研の使命です。

研究、環境、人の融合は、その総和を超えた力を発揮します。 未来を見据えた新しい研究、そして今まさに直面する課題は、さまざまな研究領域の協働と融合の結果として、学際的に創造され、解決されるものと考えています。

機動性を持った“ミニ東大”の特徴を生かし、先端研は未来への新しい科学と技術への挑戦を続けていきます。


(2016年4月)  

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo