グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
先端研について

本文の開始

メールマガジン「東大先端研NAVI」バックナンバー


Date: Thu, 15 Sep 2005 19:01:13 +0900
From: mm-admin@rcast.u-tokyo.ac.jp
Subject: 【東大先端研NAVI:第13号 2005年9月15日】東大先端研の産学連携スキームをご紹介します
To: mm@rcast.u-tokyo.ac.jp
Message-Id: <20050915190113.119791f0%kato@hal.rcast.u-tokyo.ac.jp>
X-Mail-Count: 00015

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 東大先端研NAVI
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/

 第13号(2005年9月15日)

 1.【トピック】
 東大先端研の産学連携スキームをご紹介します

 2.【更新情報】
 「プロジェクト成果公開」:7プロジェクトを追加
 「出版物紹介」:4冊を追加

 ※英語版
 「所長あいさつ」を更新
 「ミッションステートメント」を新規掲載

 3.【イベント】(再掲)
 「産業・組織心理学会第21回大会 公開シンポジウム」9月19日(月/休)
 「若手研究人材のキャリア・ディベロップメント支援シンポジウム」
 9月22日(木)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.【トピック】
 東大先端研の産学連携スキームをご紹介します
───────────────────────────────────
 先端研では、共同研究など具体的なプロジェクトして明確でないものの、
 先端研と何らかの連携を考えたい、という企業向けに、研究パートナーや
 テーマの発掘を意図した「トライアル連携」を推進しています。また、こ
 のトライアル連携を経て、本格的な産学連携へ段階的に移行するスキーム
 もご用意しています。

 ウェブサイトの「段階的な産学連携を促進する東大先端研スキーム」では
 具体的な提携内容の事例や、先端研とのコンタクトのとり方、事務フロー
 などについてもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 ■「段階的な産学連携を促進する東大先端研スキーム」
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/partners/scheme/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.【更新情報】
 「プロジェクト成果公開」:7プロジェクトを追加
 「出版物紹介」:4冊を追加

 ※英語版
 「所長あいさつ」を更新
 「ミッションステートメント」を新規掲載
───────────────────────────────────
 ■「プロジェクト成果公開」

 「人間本位の情報応用バリアフリー空間の構築
 『学際的化学反応』を目指すバリアフリープロジェクト」
 助教授 福島 智
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/007/index.html

 「知識創造活用サイクルの変革」
 教授 堀 浩一
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/008/index.html

 「ペプチド核酸と酵素の併用による簡便かつ効率的なSNP肉眼検出」
 教授 小宮山 真
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/009/index.html

 「人工塩基対の創製~遺伝暗号の拡張・新規核酸材料の開発を目指して~」
 特任教授 平尾 一郎
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/010/index.html

 「システム生物医学から画期的新薬を作る」
 ディレクター・教授 児玉 龍彦
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/011/index.html

 「バキュロウイルスを利用した膜蛋白質の発現とその応用技術」
 教授 浜窪 隆雄
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/012/index.html

 「マイクロアレイ解析のための自然言語処理による文献検索システム」
 教授 油谷 浩幸
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/projects/2003/013/index.html


 ■「出版物紹介」

 「システム生物医学入門 生命を遺伝子・タンパク質・細胞の総合ネット
 ワークとして捉える次世代バイオロジー」
 児玉 龍彦・仁科 博道 編著

 「いま、この研究がおもしろい」
 岩波書店編集部 編
 ※「新しい脳の科学とロボットを生み出す」を伊福部達教授が執筆

 「交通」は地方再生をもたらすか-分権時代の交通社会-
 国際交通安全学会 編
 ※「人口減少時代の都市再生シナリオ」を大西隆教授が執筆

 岩波講座「都市の再生を考える 1」都市とは何か
 間宮 陽介 編
 ※「逆都市化時代の東京圏」を大西隆教授が執筆

 「出版物紹介」2005年発行
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/publications/2005/index.html


 ※英語版
 「所長あいさつ」更新
 所長 橋本 和仁
 "The New Challenge of RCAST"
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/en/rcast/director/index.html

 「ミッションステートメント"Mission Statement of RCAST"」新規掲載
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/en/rcast/statement/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.【イベント】(再掲)
 「産業・組織心理学会第21回大会 公開シンポジウム」
 「若手研究人材のキャリア・ディベロップメント支援シンポジウム」
───────────────────────────────────
 ■「産業・組織心理学会第21回大会 公開シンポジウム」
 日時:2005年9月19日(月/休) 13:30-16:30
 場所:東京国際大学第一キャンパス 2号館3階
 題目:障害の理解と障害者の就学・就労支援による共生社会を目指して
    --支援、ジョブコーチ、ワークシェアリングの実際と課題--
 司会及び話題提供:中野泰志 特任教授
 共催:東京大学先端科学技術研究センター・バリアフリープロジェクト

 「イベント」-「産業・組織心理学会第21回大会実行委員会、東京大学先
 端科学技術研究センターバリアフリープロジェクト共催公開シンポジウム」
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2005/0901/index.html


 ■「若手研究人材のキャリア・ディベロップメント支援シンポジウム」
 日時:2005年9月22日(木) 13:30-17:00
 場所:銀座フェニックスプラザ 2階フェニックスホール
 基調講演:「若手研究人材の流動化促進中間組織の可能性」澤 昭裕教授
 パネルディスカッション:「若手研究者のキャリア・ディベロプメントの
 推進に向けて」
 ※澤昭裕教授もパネリストとして参加します。

 ※「若手研究人材のキャリア・ディベロップメント支援シンポジウム」の
 ページへ 
 http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/network/tyousa/jinzaityousa.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 編集後記
───────────────────────────────────
 この夏、あるイベントで国立競技場へ行きました。学生時代に大会で走っ
 て以来だったので、懐かしい記憶が蘇るのではと思ったのですが、実際に
 訪れた競技場は6万人の観客で埋め尽くされ全く別の顔に変わっていまし
 た。あの下にトラックがある、と想像してみてもスピーカーの大音響やま
 ぶしい照明の中でかつての思い出ははるか遠く、新しい記憶が上書きされ
 た一日になりました。

 記憶といえば先日、あるベストセラー作家が先端研の廣瀬研究室を訪れま
 した。きっかけは今年3月に開催された「体験記録とその応用シンポジウ
 ム」です。
 ※「第2回体験記録とその応用シンポジウム」のページへ
 http://www.cyber.rcast.u-tokyo.ac.jp/archive/sympo_2005.html

 次回作の参考にと生活を記録するライフログ実験やその先端技術、実社会
 への適用可能性と問題点から、「コンピュータの中に時間軸は無い」「過
 去の自分はもはや他人である」といった時間と空間に関する少し哲学的な
 お話まで、約3時間にわたって廣瀬教授の話を熱心にメモされていました。
 さらに研究室の方の協力も得て、ウェアラブルコンピュータの実物を見学
 し、実際にバーチャルリアリテイの感覚も体験されました。執筆はまだ先
 のようですが、先端研の研究に着想を得た小説が将来、誕生するかもしれ
 ません。もちろん、その時は皆さまにもお知らせいたします。

 次回の東大先端研NAVIもお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京大学先端科学技術研究センター
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/
 発行/東京大学先端科学技術研究センター 広報委員会
───────────────────────────────────
 ■「東大先端研NAVI」へのご意見・お問い合せは下記まで
 メールマガジン編集担当(神野)
 E-mail:editor0509@rcast.u-tokyo.ac.jp
 ※このメールマガジンのアドレス(mm@rcast.u-tokyo.ac.jp)は
 「東大先端研NAVI」送信専用ですので、このメールにそのまま返信いただ
 いてもお返事できません。ご注意ください。

 ■「東大先端研NAVI」の配信登録・停止・登録内容の変更はこちらへ
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/magazine/index.html




    

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo