グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
先端研について

本文の開始

メールマガジン「東大先端研NAVI」バックナンバー


Date: Fri, 18 Nov 2005 17:02:56 +0900
From: mm-admin@rcast.u-tokyo.ac.jp
Subject: 【東大先端研NAVI:第16号 2005年11月18日】日本-スウェーデンイノベーションセミナーが開催されました
To: mm@rcast.u-tokyo.ac.jp
Message-Id: <200511180802.jAI82uIn031126@gw.rcast.u-tokyo.ac.jp>
X-Mail-Count: 00019

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 東大先端研NAVI
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/

 第16号(2005年11月18日)

 1.【トピック】
 「日本-スウェーデン イノベーションセミナー」が開催されました

 2.【更新情報】
 「経営戦略室だより」:「科学技術システム改革-『基盤的資金』と『競争
 的資金』-」を追加
 「教授会セミナー」:澤昭裕教授を追加

 3.【イベント】
 「3Dデジタルシネマ研究会・展示」2005年12月3日(土)
 「ATACカンファレンス2005」2005年12月2日(金)~4日(日)

 4.【メディア掲載情報】
 「日本経済新聞」10月31日
 「朝日新聞」11月1日
 「毎日新聞」11月2日
 「The Journal of Biological Chemistry」11月11日

 5.【お願い】
 サイトのご利用状況に関するアンケートにご協力ください


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.【トピック】
 「日本-スウェーデン イノベーションセミナー」が開催されました
───────────────────────────────────
 イノベーション研究のために来日中のスウェーデンの大学や政府機関の研
 究者らによる代表団が11月15日に東大先端研を訪れ、イノベーションセミ
 ナーが開催されました。

 終日にわたって行われたセミナーでは、科学技術政策や起業、大学、知的
 財産などの様々なテーマについて日・スウェーデン双方の専門家による発
 表とディスカッションが行われました。

 ■「『日本-スウェーデン イノベーションセミナー』を開催」
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/news/2005/1118/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.【更新情報】
 「経営戦略室だより」:「科学技術システム改革-『基盤的資金』と『競争
 的資金』-」を追加
 「教授会セミナー」:澤昭裕教授を追加
───────────────────────────────────
 ■「経営戦略室だより」

 「科学技術システム改革-『基盤的資金』と『競争的資金』-」
 経営戦略担当教授 澤 昭裕
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/rcast/management/051116.html


 ■「教授会セミナー」

 「科学技術基本計画のポイント」
 教授 澤 昭裕

 「教授会セミナー」
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/meeting/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.【イベント】
 「3Dデジタルシネマ研究会・展示」2005年12月3日(土)
 「ATACカンファレンス2005」2005年12月2日(金)~4日(日)(再掲)
───────────────────────────────────
 ■「3Dデジタルシネマ研究会・展示」
 (「三次元映像のフォーラム」第74回研究会)
 日時:2005年12月3日(土) 9:00-18:00
 場所:東京大学先端科学技術研究センター
 内容:本フォーラムでは3Dシネマ制作において、最新の制作環境、上映環
 境、国際標準化状況などについて、それぞれの分野の専門家が概説する。

 ※「三次元映像のフォーラム」第74回研究会のページへ
  http://www.hi.is.uec.ac.jp/3Dforum/forum/3Dforum0512.html


 ■「ATACカンファレンス2005」(再掲)
 日時:2005年12月2日(金)~4日(日)
 12月2日(金) 10:00-16:15(プリカンファレンス)
 12月3日(土) 9:00-16:45(メインカンファレンス)
 12月4日(日) 8:30-16:15(メインカンファレンス)
 場所:国立京都国際会館アネックスホール

 ATACカンファレンスは、障害のある人や高齢者の自立した生活を助ける電
 子情報支援技術(e-AT)とコミュニケーション支援技術(AAC)の普及を
 目的に開催されるものです。

 「イベント」-「ATACカンファレンス2005」
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2005/1012/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.【メディア掲載情報】
 「日本経済新聞」10月31日
 「朝日新聞」11月1日
 「毎日新聞」11月2日
 「The Journal of Biological Chemistry」11月11日
───────────────────────────────────
 ■「アモルファスシリコン 純度99.5%で抽出 東大バイオマス廃棄物から」
 近藤勝義特任助教授
 「日本経済新聞」10月31日

 ■「新科論 評価って何だろう(下) 米国流を手本 公正さ課題」
 菅裕明教授
 「朝日新聞」11月1日

 ■「ポスドク:現場支える博士研究員、就職支援に5億円-文科・経産省、
 来年度から」
 澤昭裕教授
 「毎日新聞」11月2日

 ■"Sex-determining Region Y-box 6 Attenuates Glucose stimulated
 Insulin Secretion by Repressing Pancreatic duodenal Homeobox Factor-1
 Transcriptional Activity and Is Down-regulated in Hyperinsulinemic
 Obese Mice"
 「膵β細胞に発現する転写因子Sex-determining Region Y-box 6は
 Pancreatic duodenal Homeobox Factor-1の転写活性化能力を直接結合を
 介して低下させ、インスリン分泌を減少させる、そしてその発現は肥満マ
 ウスで減少する。」
 児玉龍彦教授、酒井寿郎特任教授ほか
 「The Journal of Biochemical Chemistry」2005.11.11号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5.【お願い】
 サイトのご利用状況に関するアンケートにご協力ください
───────────────────────────────────
 先端研ウェブサイト日本語版は、2004年12月にリニューアルし、おかげさ
 まで、これまで順調にアクセス数を増やしてまいりました。このたび、リ
 ニューアル1周年を目前に皆さまからご意見・ご感想をいただき、今後の
 より良いサイト作り・運営に反映させていきたいと考えています。

 結果は集計のうえ、後ほど本サイトにてご報告させていただきます。
 是非、ご協力をお願いいたします。

 ※実施期間は【10月31日~11月20日】を予定しております。
 ※ご協力いただいた方でご希望の方に、先端研の研究者のプロフィールや
 研究内容が記載された先端研パンフレットをお送りします。送付希望の方
 は、アンケートの最後の設問をご覧ください。
 ※アンケートへの回答は本号送信時点での受信者のみとさせていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 編集後記
───────────────────────────────────
 「ひととは何か、ということに立ち返るようにしています」。先日、福祉
 工学を研究している先生が言われた言葉です。その研究室では、「聞く」
 「見る」「話す」といった機能や、手足の機能が衰えたり失った方たちを
 支援するための技術を研究開発しています。その過程で、技術的なところ
 に入り込みすぎて研究目的がぶれるのを防ぐために、その原点に戻るそう
 です。

 その問いのヒントを求めながら話を聞いていた自分に響いたのは、「ひと
 ってやわらかいんですよね」と何度も繰り返されていたこと。季節は正に
 11月場所の真っ盛り。井野先生曰く、お相撲さん同士があの体重でぶつか
 って怪我をしないのは(もちろん時にはそういうこともありますが)、ひ
 とがやわらかいから。開発された器具の操作部分には、ひとの手の形だけ
 でなく、そのやわらかさが再現されていました。実際に使い心地が全然、
 違うそうです。

 そんな心もやわらかくなるような研究は、やわらかい発想から生まれるの
 かもしれませんね。なお、この時のインタビュー内容は後日、先端研サイ
 トでご紹介いたします。

 次回の「東大先端研NAVI」をお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京大学先端科学技術研究センター
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/
 発行/東京大学先端科学技術研究センター 広報委員会
───────────────────────────────────
 ■「東大先端研NAVI」へのご意見・お問い合せは下記まで
 メールマガジン編集担当(神野)
 E-mail:editor0509@rcast.u-tokyo.ac.jp
 ※このメールマガジンのアドレス(mm@rcast.u-tokyo.ac.jp)は
 「東大先端研NAVI」送信専用ですので、このメールにそのまま返信いただ
 いてもお返事できません。ご注意ください。

 ■「東大先端研NAVI」の配信登録・停止・登録内容の変更はこちらへ
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/magazine/index.html



    

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo