グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
先端研について

本文の開始

メールマガジン「東大先端研NAVI」バックナンバー


Date: Wed, 09 Feb 2005 18:44:03 +0900
From: mm-admin@rcast.u-tokyo.ac.jp
Subject: 【東大先端研NAVI:第1号 2005年2月9日】橋本所長から特別メッセージ
To: mm@rcast.u-tokyo.ac.jp
Message-Id: <200502090944.j199i3n6028173@gw.rcast.u-tokyo.ac.jp>
X-Mail-Count: 00002

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 東大先端研NAVI
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/


 第1号-創刊号-(2005年2月9日)

 1.【特別メッセージ】「2005年 先端研の次の一歩」
 2.【更新情報】「研究者プロファイル」#004 御厨貴教授を追加
 3.【イベント】 2005年デジタルエンジニアリングワークショップ開催
 4.【出版情報】「競争に勝つ大学」澤昭裕他編著、他
 5.【メディア掲載情報】「RNAは生命をあやつる陰の支配者だった」
   菅裕明教授他「Newton」3月号、他


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.【特別メッセージ】
 東大先端研所長 橋本和仁「2005年 先端研の次の一歩」
───────────────────────────────────
 東大先端研は、社会に開かれた先端研を目途としてこれまでも活動してま
 いりました。とりわけ、産学連携については時代に先駆けて取り組んでき
 ていますが、今、世の中で産学連携が声高に叫ばれるようになる中、東大
 先端研ではさらに一歩先を行く連携を模索し始めています。

 即ち、現在とりざたされている産学連携は、大学にある知財権を産業界に
 移すという流れが大きなトレンドです。一方、東大先端研では社会(産業
 界)と共に、新たな価値を創造するための共同作業をしていきたいと考え
 ています。

 具体的には、地に足の着いた共同研究や人材交流、社会人も含めた人材教
 育といったことを検討しています。民間の企業などへ東大先端研の研究者
 が出張授業をしに行く、あるいは東大先端研に足を運んでいただいてその
 施設を利用して授業を行う、など多彩な連携の可能性が考えられるでしょ
 う。今年はそれらを実行していくことが課題のひとつとなります。

 こういった情報に関しましては、この「東大先端研NAVI」の場でもご紹介
 していく予定です。皆さまからのご意見やご希望、ご提案もぜひ、お寄せ
 ください。これからの参考にさせていただきたいと思います。

 世の中の流れに一歩先んじる東大先端研の活動を、これからもどうぞよろ
 しくお願いいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.【更新情報】
 「研究者プロファイル」#004 御厨貴教授を追加
───────────────────────────────────
 #004 人材養成によって、さらに意義が拡大していく「安全・安心学」と
 「オーラル・ヒストリー」
 情報文化社会 御厨貴教授
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/profiles/004/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.【イベント】
 2005年デジタルエンジニアリングワークショップ参加募集
───────────────────────────────────
 「2005年デジタルエンジニアリングワークショップ」2月24日、25日
 於:東大先端研 4号館2階 大講堂
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2005/0224.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.【出版情報】
 「競争に勝つ大学」澤昭裕他編著、他
───────────────────────────────────
 「競争に勝つ大学 科学技術システムの再構築に向けて」
 澤昭裕他編著 東洋経済新報社
 本書は、現在も進行中の日本の大学改革案の参考にもなった米国の大学を
 中心とする科学技術システムの競争力の源泉を再検証し、日本の大学シス
 テムを国際的にも競争力を持ったものにさらに高めていくことを目指し、
 最終章では政策提言をおこなっている。
 ■ 東洋経済新報社のページへ
 http://www.toyokeizai.co.jp/

 「知財マネジメント入門」
 渡辺俊也他編著 日経文庫 
 本書は、知的財産をめぐる経営上の諸問題を、知財の権利化、知財の活用、
 知財の紛争処理、知財インフラの構築、の5つのステップに沿う形で、それ
 ぞれのポイントとなるマネジメントについて平易に解説している。
 ■ 日経文庫のページへ
 http://www.nikkei-bookdirect.com/bookdirect/bunko.html

 「福祉工学の挑戦-身体機能を支援する科学とビジネス-」
 伊福部達著 中公新書
 本書は、高齢者や障害者の日常生活を工学面から支援する「福祉工学」の
 分野について、筆者の30数年にわたる研究を振り返りながら、初期の失敗
 談、基礎となるサイエンスを見出して方法論を確立する過程から、それら
 の経験を少しずつビジネスに活かす道を模索する経緯を具体的な事例と共
 に述べている。
 ■ 中公新書のページへ
 http://www.chuko.co.jp/shinsho/

 「切磋琢磨するアメリカの科学者たち-米国アカデミアと競争的資金の申
 請・審査の全貌」
 菅裕明著 共立出版株式会社
 本書は、「仲間同士がライバル意識を持ちながら互いを磨」(=切磋琢磨
 する)きながら、学問の向上を目指している米国アカデミアでのシステム
 を、具体例をあげながら紹介している。筆者は日本も米国を模倣したシス
 テムが導入されつつあるが、重要なのは「切磋琢磨」部分であり、日本に
 適した「切磋琢磨」型システムを立ち上げて効率よく機能させることが重
 要である、としている。
 ■ 共立出版のページへ
 http://www.kyoritsu-pub.co.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.【メディア掲載情報】
 「Newton」3月号、「日本経済新聞」2月6日
───────────────────────────────────
 ■「RNAは生命をあやつる陰の支配者だった」菅裕明教授他
 「Newton」3月号、78ページ

 ■「温暖化対策の不条理を問う」澤昭裕他編著『地球温暖化問題の再検証』
 について
 「日本経済新聞」2月6日、21面書評欄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 編集後記
───────────────────────────────────
 今回、更新情報に記載されている「研究者プロファイル」の御厨教授への
 インタビューは、駒場リサーチキャンパスの同教授研究室でおこなわれま
 した。「オーラルヒストリー」という御厨教授の専門分野から、古い書籍
 のかび臭さが連想されるかもしれませんが、意外にも(?)正面に広くと
 られた窓から青空と緑が広がる開放的なお部屋。もっとも、建物自体は旧
 東京帝国大学航空研究所本館(1929年)だったもので、2000年には有形文
 化財に登録された「年代もの」です(設計は安田講堂と同じ内田祥三氏)。
 この建物が語ることが出来たら、どのようなオーラルヒストリーが紡ぎだ
 されるのでしょうか。そんな歴史的建造物の隣に近未来を思わせる研究棟
 が並ぶ様子は、異なる学問領域の研究者が集う東大先端研を象徴するよう
 でもあります。東大先端研が踏み出す次の一歩にご期待ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京大学先端科学技術研究センター
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/
 発行/東京大学先端科学技術研究センター 広報委員会
───────────────────────────────────
 ■「東大先端研NAVI」へのご意見・お問い合せは下記まで
 メールマガジン編集担当(神野)
 E-mail:editor@rcast.u-tokyo.ac.jp
 ※このメールマガジンのアドレス(mm@rcast.u-tokyo.ac.jp)は
 「東大先端研NAVI」送信専用ですので、このメールにそのまま返信いただ
 いてもお返事できません。ご注意ください。

 ■「東大先端研NAVI」の配信登録・停止・登録内容の変更はこちらへ
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/magazine/index.html

    

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo