グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
先端研について

本文の開始

メールマガジン「東大先端研NAVI」バックナンバー


Date: Thu, 31 Mar 2005 20:22:22 +0900
From: mm-admin@rcast.u-tokyo.ac.jp
Subject: 【東大先端研NAVI:第4号 2005年3月31日】「太平洋を渡る東アジアの大気汚染を実証」近藤豊教授他
To: mm@rcast.u-tokyo.ac.jp
Message-Id: <200503311122.j2VBMM3N024013@gw.rcast.u-tokyo.ac.jp>
X-Mail-Count: 00006

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 東大先端研NAVI
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/

 第4号(2005年3月31日)

 1.【トピック】
   「太平洋を渡る東アジアの大気汚染を実証」近藤豊教授他

 2.【更新情報】
   山田和明特任助手「ファナックFAロボット財団論文賞受賞」続報

 3.【出版情報】
   「科学大博物館-装置・器具の歴史事典」橋本毅彦教授ら監訳

 4.【メディア掲載情報】
   「シンポ『体験記録とその応用』:技術で記憶はどう変わる」
   廣瀬通孝教授・御厨貴教授「朝日新聞」3月24日

 5.【お知らせ】
   東大先端研における個人情報保護に関する考え方や方針について


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.【トピック】
 「太平洋を渡る東アジアの大気汚染を実証」近藤豊教授他
───────────────────────────────────
 今般、東大先端研(近藤豊教授ら)および東京大学大学院理学系研究科は、
 地球規模の広域大気汚染の研究として行った、航空機を用いたアジア・太
 平洋地域の観測結果を発表しました。
 近年のアジア地域の急速な経済発展に伴って発生した大気汚染物質発生が、
 偏西風によって日本のみならず太平洋を渡ってアメリカ合衆国西岸まで運
 ばれ、それぞれの国の環境対策にも関わらず大気環境が悪化することが懸
 念されています。
 今回の航空機観測は、このようなアジアからの大気汚染物質の輸送や化学
 的変質過程の実態について調べることを目的に実施されました。これらの
 観測結果は、環境被害に対する新たな研究や対応、政策への取り組みに寄
 与することが期待されています。

 ■「太平洋を渡る東アジアの大気汚染を実証」
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/news/2005/0331/index.html

 ※お問い合せはこちらへ
 E-mail:editor@rcast.u-tokyo.ac.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.【更新情報】
 山田和明特任助手「ファナックFAロボット財団論文賞受賞」続報
───────────────────────────────────
 大変お待たせいたしました。
 「東大先端研NAVI第2号」の中で「ニュース速報」としてお伝えした、山
 田和明特任助手の「ファナックFAロボット財団論文賞受賞」について、本
 人のコメントと共に詳細情報を掲載いたしました。

 同論文は、次世代の生産システムに必要不可欠な自律型ロボットについて、
 ロボット同士の相互作用による協調行動獲得について検証したものです。

 ■ファナックFAロボット財団論文賞受賞!「強化学習による自律型アーム
 ロボットの協調行動獲得」山田和明特任助手他
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/news/2005/0328/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.【出版情報】
 「科学大博物館-装置・器具の歴史事典-」橋本毅彦他監訳
───────────────────────────────────
 ■「科学大博物館-装置・器具の歴史事典-」
 橋本毅彦他監訳 朝倉書店

 電池は誰がいつ発明したのか?望遠鏡はどのように進歩してきたか?爆弾
 熱量計は何に使うのか?
 本書は、古代の日時計から最新のGPS装置まで、科学技術と共に発展してき
 た様々な器具・装置類を英国科学博物館と米国スミソニアン博物館の全面
 協力により豊富な図版・写真類を用いて歴史的に解説したものです。

 [内容]
 クロノメーター/計算機/渾天儀/算木/ジャイロコンパス/真空計/走
 査プローブ/顕微鏡/DNAシークエンサー/電気泳動装置/天秤/内視鏡/
 光電子増倍管/分光計/レーザー/他

 ※朝倉書店のページへ
 http://www.asakura.co.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.【メディア掲載情報】
 「朝日新聞」3月24日、「SCIENCE AERA」アエラ臨時増刊
───────────────────────────────────
 ■「シンポ『体験記録とその応用』:技術で記憶はどう変わる」
 廣瀬通孝教授・御厨貴教授 「朝日新聞」3月24日

 ■「先端科学が切り拓く未来の地平 フロンティアに挑む『光触媒』」
 橋本和仁教授 「SCIENCE AERA」アエラ臨時増刊No.19 4/5号


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5.【お知らせ】
 東大先端研における個人情報保護に関する考え方や方針について
───────────────────────────────────
 2005年4月1日から「個人情報の保護に関する法律」が施行されます。
 東大先端研では、個人情報保護に関する考え方や方針について、プライバ
 シーポリシーで定め、ウェブサイト上で公開しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 編集後記
───────────────────────────────────
 本日(3月31日)、東京でサクラが開花したという発表がありました。気
 象庁の係員が靖国神社の境内にある標本木の枝先に花が咲いているのを確
 認した、ということです。
 サクラといえば入学式シーズン。教養学部の正面には新入生勧誘の部活の
 看板が立てられ、春の陽光の中、なんとなくこちらの気分まで高揚してく
 るようです。
 先端研のあるリサーチキャンパスには、そのような初々しさはないかもし
 れませんが、それでも新年度の研究スケジュールなどを前に、気持ちが引
 き締まる区切りの季節ではあります。新しく始まる研究プロジェクトや、
 いよいよ成果が出る研究チームなど、今後もこの「東大先端研NAVI」やウ
 ェブサイトなどでご紹介していきたいと思っています。
 来年度もどうぞお楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京大学先端科学技術研究センター
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/
 発行/東京大学先端科学技術研究センター 広報委員会
───────────────────────────────────
 ■「東大先端研NAVI」へのご意見・お問い合せは下記まで
 メールマガジン編集担当(神野)
 E-mail:editor@rcast.u-tokyo.ac.jp
 ※このメールマガジンのアドレス(mm@rcast.u-tokyo.ac.jp)は
 「東大先端研NAVI」送信専用ですので、このメールにそのまま返信いただ
 いてもお返事できません。ご注意ください。

 ■「東大先端研NAVI」の配信登録・停止・登録内容の変更はこちらへ
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/magazine/index.html



    

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo