グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
先端研について

本文の開始

メールマガジン「RCAST NAVI」


Subject: 【RCAST NAVI:第90号 2015年5月27日】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 RCAST NAVI vol.90
 2015年5月
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/

 年に一度の駒場リサーチキャンパス公開の準備で慌ただしくなってきた先端研の
 最新情報をお届けします。

【主な内容】
 1. トピックス
 駒場リサーチキャンパス公開2015の講演会、研究室公開内容をご紹介 ほか

 2. プレスリリース
 酒井寿郎教授(代謝医学)らのグループによる研究成果
 「体温維持には熱産生遺伝子の立体構造変化が必須」

 3. 受章
 藤田敏郎名誉教授(臨床エピジェネティクス)が紫綬褒章を受章


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Report】-活動報告-
──────────────────────────────────────
 ■トピックス■

 ◇もうすぐ開催!駒場リサーチキャンパス2015
 年に1回、普段は入れない研究室などを公開する「駒場リサーチキャンパス公開
 2015」が、いよいよ6月5日(金)・6日(土)に開催されます。

 開催に先立ち、先端研ウェブサイトでは、講演会・シンポジウムと研究室公開の
 概要をオリジナルコンテンツでご紹介します。講演者の横顔には秘蔵ショットつ
 き、研究室公開の概要は、各研究室による解説入りです。
 
 講演者の横顔(秘蔵ショットつき)
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/research/report/2015/0524_ja.html

 研究室公開概要(解説つき)
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/research/report/2015/0525_ja.html

 先端研ウェブサイト 駒場リサーチキャンパス公開2015
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/events/2015/openhouse/

 ■新聞掲載■

 2015年5月15日【日経産業新聞】朝刊
 ◇「寒さで発熱 仕組み解明―東大 タンパク質が関与」
 ◇酒井寿郎 教授、稲垣 毅 准教授ら(代謝医学)

 2015年5月9日【朝日新聞】朝刊
 ◇「未来への発想委員会―リスク社会を生きる(下)予測不能な事態に対処する」
 ◇牧原 出 教授(政治行政システム)

 2015年4月27日【日本経済新聞】朝刊
 ◇「知財戦略ここに注目(5)」営業秘密の漏洩防止
 ◇玉井克哉 教授(知的財産法)

 ■雑誌掲載■

 2015年5月14日【中東協力センターニュース】連載
 ◇「中東 混沌の中の秩序」第1回 中東情勢を読み解く7つのベクトル
 ◇池内 恵 准教授(イスラム政治思想)
 http://www.jccme.or.jp/japanese/11/11-00-15.html

 2015年5月10日【WIRED】VOL.16
 ◇「WIRED X (ワイアード エックス)― 東大先端研の「3メートル風洞」
 http://wired.jp/magazine/vol_16/

 2015年5月8日【Journalism】5月号:
 ◇2015政治報道を読む「政権交代で広がった論調の差 月単位での各紙の比較を通
 して現代の『政治構造』が見えてきた」
 ◇牧原 出 教授(政治行政システム)
 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17027

 ■その他の活動状況は下記URLをご覧ください。
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/news/index_ja.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Press Release】‐プレスリリース‐
──────────────────────────────────────
 2015年5月7日
 体温維持には熱産生遺伝子の立体構造変化が必須
 ?寒冷の感知によるタンパク質のリン酸化と、遺伝子DNAの高次構造変化? 

 酒井寿郎 教授、稲垣 毅 准教授(代謝医学)らのグループは、寒冷時に熱産生遺
 伝子の発現を急速に活性化して体温を維持するには、従来知られていた「転写因
 子」と呼ばれるタンパク質群の働きだけではなく、熱産生をつかさどる遺伝子DNA
 の急速な立体構造変化が必須であることを解明しました。

 私たちの体には、寒さに反応してすみやかに熱を産生して体温を維持するしくみ
 があります。寒冷時に体温を維持するには、転写因子と呼ばれるタンパク質群の
 働きだけではなく、熱産生に関与する遺伝子の急速な立体構造の変化が必須であ
 ることを解明しました。本成果は、低体温症や熱産生低下に伴う肥満への新規治
 療法や予防法につながると期待されます。

 プレスリリース
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/270507release_rcast.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Award】-受章-
──────────────────────────────────────
 2015年4月13日
 藤田敏郎名誉教授(臨床エピジェネティクス)が、食塩摂取と高血圧や腎臓病発
 症のメカニズムを世界に先駆けて明らかにした功績により、本年春の紫綬褒章を
 受章しました。
 http://www.u-tokyo.ac.jp/gen03/honors_h27_01_j.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Book】‐出版情報‐
──────────────────────────────────────
 2015年5月30日
 『ぼくの命は言葉とともにある』(致知出版社)
 福島 智 著
 ※視覚障害、肢体不自由などの方へのテキストデータも提供されています。
 http://online.chichi.co.jp/products/detail.php?product_id=1884

 2015年5月1日
 『M2M/IoT教科書』(インプレス)
 稲田修一(監修)富田二三彦、山崎徳和、MCPC M2M/IoT委員会(編)
 http://book.impress.co.jp/books/1114101094


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Event】-イベント-
──────────────────────────────────────
 ■6月12日(金)光機能材料研究会 第53回講演会「化学原料のClimate Change」

 人類の産業活動に伴うCO2排出を主要因とする地球規模でのClimate Changeをどう
 やって緩和するかが国際的な大きな課題になる一方、北米におけるShale革命、中
 国における石炭化学の進展が近年顕著になってきています。これはEnergy、化学
 原料のClimate Changeと言ってよいでしょう。CO2排出抑制という視点ではこの二
 つは密接に関与しており、革新的な技術の産業実装をなるべく早い時期に実現す
 る必要があります。本講演会ではGreen Sustainable Chemistryという視点で、ど
 のような技術が求められるか、そこに人工光合成がどう関与できるかについて紹
 介します。

 開催日時:2015年6月12日(金)15:00?17:50 受付14:40
 参加費:光機能材料研究会会員(法人3名まで)および学生無料、非会員5,000円
 (当日現金払い)
 講師:三菱化学株式会社 瀬戸山 亨 氏
 申し込み:光機能材料研究会事務局
 http://www.light.t.u-tokyo.ac.jp/PFMA
 詳細:光機能材料研究会 第53回講演会「化学原料のClimate Change」(PDF)
 http://www.light.t.u-tokyo.ac.jp/PFMA/wp-content/uploads/2015/04/9ad7170a23349510369978c1699d0a8a.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Information】-お知らせ-
──────────────────────────────────────
 ■先端研の大学院・先端学際工学専攻説明会 6月5日(金)開催

 先端研は、研究をするだけのところではありません。先端研の大学院「工学系研
 究科先端学際工学専攻(博士課程)」では、先端研で研究をしながら大学院教育
 を受けることができます。企業などに在籍したまま学ぶ社会人も多いこの大学院
 の特色や魅力を、研究と教育の最前線に立つ中邑賢龍教授と岡本晃充教授が存分
 にお伝えいたします。

 開催日時:2015年6月5日(金)18:00?20:00
 開催場所:東京大学先端科学技術研究センター 3号館2階セミナー室2
 申し込み:先端学際工学専攻ウェブサイト 専用フォームよりお申し込みください。
 http://www.ais.rcast.u-tokyo.ac.jp/information/guidance/
 説明会チラシ(PDF)
 http://www.ais.rcast.u-tokyo.ac.jp/information/guidance/pdf/ais_guidance_20150605.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京大学先端科学技術研究センター
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/
 発行/東京大学先端科学技術研究センター 広報・情報室
──────────────────────────────────────
 ■「RCAST NAVI」へのご意見・お問い合せは下記まで
 メールマガジン編集担当(広報・情報室)
 E-mail:press@rcast.u-tokyo.ac.jp
 ※このメールマガジンのアドレス(mm-admin@rcast.u-tokyo.ac.jp)は「RCAST 
 NAVI」送信専用ですので、このメールにそのまま返信いただいてもお返事できま
 せん。ご注意ください。

 ■「RCAST NAVI」の配信登録・停止・登録内容の変更はこちらへ
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/activities/e-mail_magazine/index_ja.html

      

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo