グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
先端研について

本文の開始

メールマガジン「RCAST NAVI」



Subject: 【RCAST NAVI:第104号 2016年7月28日】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 RCAST NAVI vol.104
 2016年7月
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/

 梅雨明けが待ち遠しいですね。
 夏といえば蚊。蚊対策に追われる先端研の某建物から、最新情報をお届けします。

【主な内容】
 1. プレスリリース
 地球温暖化が階段状に進む要因を究明 〜熱帯太平洋は地球温暖化の「ペースメー
 カー」〜
 マイクロ波単一光子の高効率検出を実現 −マイクロ波光子を用いた量子通信、量
 子情報処理へ応用−

 2. 受賞
 池内 恵 准教授(イスラム政治思想)が第12回中曽根康弘賞優秀賞を受賞
 渡邉 宙志 助教(理論化学)が第19回理論化学討論会において優秀講演賞を受賞
 ほか

 3. 研究成果
 岡田 至祟 教授(新エネルギー)と石川県企業との共同研究開発案件が平成28年
 度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」に採択


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Press Release】‐プレスリリース‐
──────────────────────────────────────
 2016年7月25日
 マイクロ波単一光子の高効率検出を実現
 −マイクロ波光子を用いた量子通信、量子情報処理へ応用−

 超伝導回路によって構成される超伝導量子ビットは、次世代のコンピュータとし
 て期待される量子コンピュータの最も有力な最小構成要素として注目されていま
 す。超伝導量子ビットの制御や状態の読み出しには、その励起エネルギーに近い
 マイクロ波が用いられます。 マイクロ波の“量子”であるマイクロ波光子の高
 効率検出や生成といった基盤技術は、量子コンピュータの早期実現やマイクロ波
 量子光学の発展に貢献すると期待されています。しかし、量子暗号通信分野など
 で用いられる近赤外光子と比較して、エネルギースケールが4〜5桁小さなマイク
 ロ波光子の高効率検出は、これまで困難を極めてきました。理化学研究所創発物
 性科学研究センター超伝導量子エレクトロニクス研究チームの猪股邦宏研究員、
 東京大学先端科学技術研究センター中村泰信教授、東京医科歯科大学の越野和樹
 准教授らの国際共同研究グループは、超伝導回路上に「人工Λ(ラムダ)型原子」
 を実装し、その特性を応用することで、「マイクロ波単一光子」の高効率検出を
 実現しました。

 プレスリリース全文
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/280725release_rcast.pdf

 2016年7月19日
 地球温暖化が階段状に進む要因を究明 〜熱帯太平洋は地球温暖化の「ペースメー
 カー」〜

 地球温暖化に伴い、地球全域で平均した地表気温は産業革命前から1℃近く上昇
 しました。しかしこの上昇は一方的な傾向ではなく、20〜30年ごとに上昇期と停
 滞期を繰り返す階段状になっています。 東京大学先端科学技術研究センターの
 小坂 優 准教授とカリフォルニア大学スクリプス海洋研究所のShang-Ping Xie教
 授の日米共同研究チームは、熱帯太平洋に起源を持つ気候内部変動が階段状の地
 球温暖化の上昇期と停滞期のタイミングを決める「ペースメーカー」の役割を果
 たしてきたことを明らかにしました。また、気候モデルにおいて、歴史気候再現
 実験で用いる外部強制力に加えて、熱帯太平洋で起こる気候内部変動の時間発展
 を観測と一致させる熱帯太平洋−全球大気実験により、階段状の全球平均気温変
 化を再現することに成功しました。さらに、全球平均気温の観測値から熱帯太平
 洋変動の影響を除去することで、気温変動のうち外部強制力による成分を抽出す
 る手法を提示しました。

 プレスリリース全文
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/pressrelease/pdf/280719release_rcast.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Award】-受賞-
──────────────────────────────────────
 2016年7月1日
 池内 恵 准教授(イスラム政治思想)が第12回中曽根康弘賞優秀賞を受賞
 受賞理由:イスラーム政治思想研究者として、現代の国際社会においてイスラー
 ム教が政治的な集合行動をもたらす過程を研究するとともに、国家、権力、正統
 性といったイスラーム政治思想の諸概念の理論的・歴史的な解明に取り組む活動
 等を高く評価 
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/research/report/2016/0726_ja.html

 2016年7月8日
 渡邉 宙志 助教(理論化学)が第19回理論化学討論会において優秀講演賞を受賞
 発表タイトル:「Size-Consistent Multipartitioning QM/MM method」 
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/research/report/2016/0701_ja.html

 2016年7月10日
 石北研究室(理論化学)所属の河島 圭佑さん(工学系研究科応用化学専攻・M1)
 が光合成セミナー2016において、特に優秀な発表を行った若手研究者に授与され
 る三室賞を受賞
 http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/topics/setnws_20160726150519811698298368.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Report】-活動報告-
──────────────────────────────────────
 ■研究成果■

 岡田 至祟 教授(新エネルギー)と石川県企業との共同研究開発案件が平成28年
 度「新エネルギーベンチャー技術革新事業」に採択

 岡田 至祟 教授(新エネルギー)と株式会社アクトリー(石川県白山市)、石川
 県工業試験場が連携し、共同研究開発を進めている「ハイブリッド太陽エネルギー
 回収システムのための技術開発」が、平成28年度「新エネルギーベンチャー技術
 革新事業」に採択されました。東京大学先端科学技術研究センターは、2012年3
 月に石川県、(公財)石川県産業創出支援機構の三者で連携協定を締結していま
 す。また、2013年より先端研・石川県共同による産学連携支援制度を実施してお
 り、今後も先端研の研究シーズを活用した地域産業活性化に向けた活動を推進し
 てまいります。


 ■新聞掲載■

 2016年7月12日【朝日新聞】朝刊
 ◇オピニオン&フォーラム 10代・20代・30代の参院選 座談会
 ◇佐藤 信 助教(政治行政システム)
 http://www.asahi.com/articles/DA3S12454846.html

 2016年7月2日【読売新聞】朝刊
 ◇中曽根康弘賞 優秀賞に池内氏
 ◇池内 恵 准教授(イスラム政治思想)

 2016年7月1日【朝日新聞】朝刊
 ◇角栄とムヒカ 物足りぬ今の政治の裏返し
 ◇牧原 出 教授(政治行政システム)

 2016年6月30日【毎日新聞】朝刊
 ◇IS包囲網へ加わり、標的に
 ◇池内 恵 准教授(イスラム政治思想)

 2016年6月28日【日経産業新聞】
 ◇進化の扉 バイオミメティクス アリの気持ち、まねてみた
 ◇西成 活裕 教授(数理創発システム)

 ■雑誌掲載■

 2016年7月25日【AERA】2016年8月1日号
 ◇ゲリラ豪雨多発する日本は「気候のホットスポット」
 ◇中村 尚 教授(気候変動科学)

 2016年7月8日【月刊Journalism】2016年7月号 no.314
 ◇政治をつかむ:矛盾する発言・政策、チームの綻び 壁に直面した3年半の安
 倍政治 「新しい局面」へと首相は跳べるか
 ◇牧原 出 教授(政治行政システム)

 ■オンライン■

 2016年7月8日【ニコニコ生放送】
 ◇池内恵 × モーリー 諸悪の根源!? サイクス=ピコ協定
 ◇池内 恵 准教授(イスラム政治思想)

 2016年7月1日【リクルートライフスタイル】
 ◇人間は生まれながらにして平等ではない。しかしながらテクノロジーが人を平
 等にする
 ◇中邑 賢龍 教授(人間支援工学)
 http://www.recruit-lifestyle.co.jp/lifeshift/ls18232_20160701

 ■トピックス■

 東京大学では、東京大学とソウル大学(SNU)との全学レベルの連携協定締結に
 伴い、7月18日の週を「SNUウィーク」として各部局で様々な交流活動が行われま
 した。先端研では、7月22日に気候変動科学分野においてSNUのSon准教授をお迎
 えし、特別セミナーを開催しました。

 ■その他、最新の活動状況は下記URLをご覧ください。
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/news/index_ja.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Event】-イベント-
──────────────────────────────────────
 ■DO-IT Japan 10周年記念一般公開シンポジウム「DO-IT Japanの10年とこれか
 ら」8月11日、東大安田講堂にて開催

 障害のある若者が大学へ進学できるよう、テクノロジーを活用してその準備をサ
 ポートするプロジェクト『DO-IT Japan』は、10周年を迎えるこの夏、DO-IT 
 Japan 2016 夏季プログロラム特別企画として、東京大学安田講堂にて公開シン
 ポジウムを開催します。

 DO-IT Japanディレクターの近藤 武夫 准教授(人間支援工学)と障害のある生
 徒・学生(DO-IT Japanスカラー)たちとの特別セッション、先日、日本人とし
 て初めて国連障害者権利委員に選出された石川 准 特任教授(バリアフリー)の
 基調講演、そしてDO-IT Japanを立ち上げた中邑 賢龍 教授(人間支援工学)ら
 による特別セッション「諦める力と新しい価値(仮)」が行われます。申込先着
 順で定員になり次第締め切りとなりますので、参加ご希望の方は早めにお申し込
 みください。

 DO-IT Japan 10周年記念一般公開シンポジウム「DO-IT Japanの10年とこれから」
 日時:2016年8月11日(木)13:00〜17:00
 場所:東京大学 安田講堂(本郷キャンパス) ※パソコン文字通訳あり、車椅
 子での来場可能
 参加費:無料
 定員:500名(先着順)
 お申し込み:以下の予約サイトより事前にお申し込みください。
 http://kokucheese.com/event/index/412818/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Book】‐出版情報‐
──────────────────────────────────────
 2016年7月16日
 『合理的配慮 : 対話を開く,対話が拓く』(有斐閣)
 星加 良司 [ほか] 著
 http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641174221

 2016年7月8日
 『[新版]くらべる図鑑(小学館の図鑑NEO+)』(小学館)
 中村 尚 [ほか] 監修・指導
 https://www.shogakukan.co.jp/books/09217233

 2016年7月6日
 『後藤田正晴と矢口洪一 : 戦後を作った警察・司法官僚』(筑摩書房)
 御厨 貴 著
 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480433770/

 2016年7月6日
 『宮澤喜一と竹下登 : 戦後保守の栄光と挫折』(筑摩書房)
 御厨 貴 著
 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480433763/

 2016年1月
 『黙って観るコミュニケーション』(atacLab)
 武長 龍樹, 巖淵 守, 中邑 賢龍 編著
 http://www.atac-lab-shop.com/?pid=98386891


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京大学先端科学技術研究センター
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/
 発行/東京大学先端科学技術研究センター 広報・情報室
──────────────────────────────────────
 ■「RCAST NAVI」へのご意見・お問い合せは下記まで
 メールマガジン編集担当(広報・情報室)
 E-mail:press@rcast.u-tokyo.ac.jp
 ※このメールマガジンのアドレス(mm-admin@rcast.u-tokyo.ac.jp)は「RCAST 
 NAVI」送信専用ですので、このメールにそのまま返信いただいてもお返事できま
 せん。ご注意ください。

 ■「RCAST NAVI」の配信登録・停止・登録内容の変更はこちらへ
 http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/activities/e-mail_magazine/index_ja.html


プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo