グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

教授Professor
油谷 浩幸Hiroyuki ABURATANI

ゲノムサイエンス分野

E-mail: haburata-tky.umin.ac.jp

Office: 4号館3階

Tel: 03-5452-5352

FAX: 03-5452-5355

outer link 研究室ホームページ

外部リンク システム生物医学ラボラトリー

内部リンク 2017 Research book

略歴

1980年3月
東京大学医学部医学科卒業
Line
1980年6月
東京大学医学部付属病院内科研修医
Line
1983年9月
東京大学医学部第三内科医員
Line
1988年1月
東京大学医学部付属病院第三内科助手
Line
1988年8月
マサチューセッツ工科大学癌研究センター研究員
Line
1995年1月
東京大学医学部付属病院第三内科助手
Line
1999年3月
東京大学大学院工学系研究科助教授
Line
2001年9月
東京大学先端科学技術研究センター教授
Line
2002年4月
東京大学国際・産学共同研究センター教授
Line
2006年4月
東京大学先端科学技術研究センター教授

研究分野

ゲノムサイエンス
次世代シーケンサーやマイクロアレイ解析を用いて包括的に取得したゲノム、エピゲノム、トランスクリプトームなどの多重な生命情報を統合することによって、生命現象とりわけ癌などの疾患をシステムとして理解することを目指しています。大量情報処理は生命科学が直面する大きな課題であり、計算生物学研究者との連携が必須であり、両者の融合した研究環境作りを目指しています。
1)パーソナルゲノム
次世代シーケンシング技術の進歩は個人のゲノム情報を決定することを可能にしました。とりわけ、がん細胞のゲノムには多くの遺伝子変異が蓄積しており、癌遺伝子の活性化や癌抑制遺伝子の不活化をもたらすことが細胞の癌化、悪性化につながると考えられます。症例毎に生じる遺伝子変異は異なるため、肝細胞癌や膵臓癌の遺伝子変異を同定し、発癌メカニズムの解明を目指しています。
2)エピゲノム解析
幹細胞から成熟した細胞への分化プロセスとはエピゲノム情報の変化に他なりません。エピゲノムとは塩基配列の変化は伴わず、DNAメチル化やヒストンアセチル化、メチル化など後天的に加わった化学修飾によって形成される「細胞レベルの記憶」といえます。エピゲノム情報は細胞分裂を経ても安定的に保持される一方、細胞分化、疾患、外界からのストレスによってダイナミックに変動することから、次世代シーケンシング技術により、クロマチン免疫沈降、DNAメチル化、クロマチン相互作用、non-coding RNAについて包括的解析を進めています。
3) トランスレーショナル研究
がん細胞ゲノムに生じた遺伝子変異やエピゲノム変異は正常細胞には存在せず、がん細胞のみが保有することから癌治療の分子標的、診断マーカーとして注目されており、次世代シーケンサーを用いた変異解析やトランスクリプトーム解析によって新たな創薬標的分子の探索を進めています。
がん細胞を選択的に攻撃するために、がん細胞に高発現する細胞表面分子に対して細胞障害性モノクロナル抗体を作成し、医薬品開発へと展開しています。



プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo