グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

特任准教授Project Associate Professor
穴井 元暢Motonobu ANAI

システム生物医学分野

略歴

1992年6月
東京大学医学部第三内科
Line
1995年4月
財団法人朝日生命成人病研究所主任研究員
Line
1998年4月
東京大学医学部糖尿病代謝内科
Line
2000年12月
財団法人朝日生命成人病研究所内分泌代謝科部長
Line
2006年4月
東京大学先端科学技術研究センター特任助教授
Line
2007年4月
東京大学先端科学技術研究センター特任准教授

研究分野

私たちはこれまで遺伝的糖尿病モデル動物を用いて、インスリン情報伝達がインスリン作用臓器において障害されていること、またこのようなインスリン情報伝達は正常動物であっても食事・運動などの環境の変化によって短期間に障害されることを明らかにしてきた。またAkt/PKBなどのインスリン情報伝達分子に結合するタンパクのクローニングや機能解析を行ってきた。
糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病は、食事・運動などの修正により数日程度の短期間に一定の改善が認められる。このような可逆的な病態を示す疾患の成り立ちの理解のためには、シグナル伝達を分子のリン酸化などの修飾でとらえるのみではなく、異なるシグナル伝達系路のクロストーク、複数分子の複合体生成による機能調節、細胞骨格系との相互作用などの機構を解明していく必要があると考える。
生体分子の可視化や特異抗体を用いた局在解析による、シグナル伝達の時間的、空間的調整を明らかにしていくとともに、in vivo(ノックアウトマウスの作製・解析)でのシグナル伝達の解明を進めていきたい。



プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo