グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

名誉教授 / 先端研フェローEmeritus Professor / RCAST Fellow
藤田 敏郎Toshiro FUJITA

臨床エピジェネティクス寄付研究部門

E-mail: Toshiro.fujita.rcast.u-tokyo.ac.jp

Tel: 03-5452-5070

FAX: 03-5452-5069

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2017 Research book

略歴

1972年3月
慶應義塾大学医学部卒業
Line
1977年1月
米国National Institutes of Health客員研究員
Line
1978年7月
筑波大学臨床医学系内科講師
Line
1988年4月
東京大学医学部第四内科講師
Line
1989年6月
東京大学医学部第四内科助教授
Line
1995年3月
東京大学医学部第四内科教授
Line
1997年4月
東京大学大学院医学研究科内科学(腎臓・内分泌内科)教授・科長
Line
2012年4月
東京大学先端科学技術研究センター特任教授
Line
2012年6月
東京大学名誉教授

研究分野

私たちの研究室では、生活習慣病の成因解明と治療法の基礎研究に挑んでいる。特に、最近では食塩による高血圧発症にエピジェネテイクスが関与することを世界に先駆けて報告した。体内ナトリウム(Na)と血圧調節の役割を担う鉱質コルチコイド受容体(MR)の活性化がホルモン(アルドステロン)と独立して細胞内small GTPaseのRac1により活性化することを発見し、更に、食塩感受性の高いタイプではRac1-MR系の異常活性化を生じる結果高血圧をきたすことを明らかにした。また、食塩過剰が交感神経亢進を招き、その結果塩分排泄性遺伝子のWNK4の転写抑制を介して体内にNaが貯留して血圧が上昇し、更にその過程にエピジェネテイクスが関与することを解明した。現在、高血圧や糖尿病による腎障害の進展過程におけるエピジェネテイクスの関与様式について研究を進めている。高血圧や糖尿病などの生活習慣病の発症の過程に食塩やエネルギーなど栄養素が遺伝子の転写調節の変化を生じると仮定して、その統合機構を系統的に進めている。更に、高血圧や糖尿病による臓器障害の過程にもエピジェネテイクスが関与していることから、それを解明することにより新たな治療薬の開発を目指している。



プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo