グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者プロフィール

教授Professor
福島 智Satoshi FUKUSHIMA

バリアフリー

E-mail: fukusima.rcast.u-tokyo.ac.jp

Office: 3号館5階

Tel: 03-5452-5060

FAX: 03-5452-5062

外部リンク 研究室ホームページ

略歴

1992年3月
東京都立大学大学院博士課程人文科学研究科教育学専攻単位取得満期退学
Line
1992年4月
東京都立大学人文科学研究科特別研究員(日本学術振興会PD)
Line
1996年7月
東京都立大学人文学部助手(教育学研究室)
Line
1996年12月
金沢大学教育学部助教授(障害児教育講座)
Line
2001年4月
東京大学先端科学技術研究センター助教授
Line
2007年4月
東京大学先端科学技術研究センター准教授
Line
2008年6月
東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士号(学術)取得
Line
2008年10月
東京大学先端科学技術研究センター教授

研究分野

現代社会に生きる障害者や高齢者には、生活上のさまざまな「バリア」が存在する。それらのなかには、住宅や道路などにかかわる「物理的バリア」、情報へのアクセス等をめぐる「情報・文化のバリア」、人々の意識にかかわる「心のバリア」、そして、社会のシステムが内包する「法制度のバリア」等が含まれる。これらの多様な「バリア」の具体的実態を明らかにするとともに、これらの「バリア」が生み出される機制、相互連関、思想的背景等の諸要因を構造的に分析し、「バリア」撤廃をめざす研究を進める。なお、障害者を中心とする「当事者」の視点や生活実感を研究の立脚点として重視する。



サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo