グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者プロフィール

2016年 5月 :  転出
講師Lecturer
池内 真志Masashi IKEUCHI

医用マイクロマシン

略歴

2001年 3月
京都大学工学部物理工学科卒業
Line
2003年 3月
京都大学大学院工学研究科博士前期課程修了
Line
2006年 3月
名古屋大学大学院工学研究科博士後期課程修了 博士(工学)
Line
2006年 4月
名古屋大学 21世紀COEプログラム 研究員
Line
2008年 4月
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(代表:生田幸士) 特任助教
Line
2010年 4月
名古屋大学 グローバルCOEプログラム COE特任助教
Line
2010年10月
東京大学先端科学技術研究センター 助教
Line
2010年10月
科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業さきがけ 研究者(兼任, -2016.3)
Line
2015年 8月
東京大学先端科学技術研究センター 講師
Line
2016年 5月
転出

研究分野

これまでのMEMSデバイスやマイクロ流路デバイスは、構成要素と比較して、相対的に厚みのある基板上に形成されます。これに対して自然界では、植物の葉や毛細血管に見られるように、構成要素より極めて薄い膜で、複雑な構造が形成され、多様な機能を実現しています。私はここから着想を得て、薄く柔軟なポリマー膜によって作製される、「膜マイクロデバイス」のコンセプトを提案し、その加工技術からアプリケーションまで、一貫して研究を進めています。膜マイクロデバイスは、従来型のデバイスに比べ、高い物質透過性や熱伝達性と、柔軟性を有することが特徴です。これらの特徴は、特にバイオ・医用分野で有用であり、基礎研究用から低侵襲医療用まで、様々なデバイスの開発を進めています。



プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo