グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

教授Professor
石北 央Hiroshi ISHIKITA

理論化学分野

E-mail: hiro.appchem.t.u-tokyo.ac.jp

Office: 4号館

Tel: 03-5452-5056

FAX: 03-5452-5083

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2017 Research book

略歴

2000年3月
東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 修士課程修了
Line
2005年11月
ベルリン自由大学 Ph.D. 取得
Line
2005年12月
ペンシルベニア州立大学 博士研究員
Line
2006年12月
南カリフォルニア大学 博士研究員
Line
2007年4月
日本学術振興会 海外特別研究員
Line
2008年4月
東京大学分子細胞生物学研究所 助教
Line
2009年1月
京都大学 生命科学系キャリアパス形成ユニット 特定助教
Line
2009年10月
科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
Line
2013年4月
京都大学 学際融合教育研究推進センター 生命科学系キャリアパス形成ユニット 講師
Line
2013年7月
大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻 教授
Line
2014年4月
東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 教授
Line
2014年7月
東京大学先端科学技術センター 教授

研究分野

蛋白質はアミノ酸で構成されており、その機能は触媒、電子伝達、物質運搬、センサー、抗体等、様々です。蛋白質の、一見複雑そうに見える分子構造からその機能を理解することは難しいと思われるかも知れません。一方で、蛋白質といえども所詮分子であるが故、その機能は基礎的な分子化学によって語ることができるはずです。私たちは、蛋白質の分子構造はその機能を決定している、との信念から蛋白質の立体構造座標を用いてその機能を理論的手法により明らかにします。単に数値を出すことに興味はなく、そこから蛋白質科学の根底に関わる普遍的なメッセージを抜き出すことを理念としています。

ターゲット:(人工光合成系の構築を念頭に置いた)酸素発生型光合成蛋白質Photosystem IIの水分解反応、蛋白質中の長距離電子移動・プロトン移動反応、酵素反応 等


キーワード

蛋白質、人工光合成、生物物理

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo