グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

特任准教授Project Associate Professor
岩成 宏子Hiroko IWANARI

計量生物医学部門

Office: 4号館1階

略歴

2007年4月
東京大学先端科学技術研究センター 特任助教
Line
2014年4月
東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授
Line
2017年9月
転出

研究分野

我々は、蛋白質をバキュロウイルスにディスプレイする方法および宿主細胞の免疫寛容系をモジュレートした免疫方法により、立体構造を認識するモノクローナル抗体の系統的な作製方法について研究している。立体構造を認識する高機能な抗体は、癌、自己免疫疾患、ウイルス感染症、多発性硬化症などのような未だ効果的な治療法のない難病の治療薬および診断薬の開発、あるいは病態の解明にとって大変有用なツールとなる。具体的には、癌細胞に特異的に発現している膜蛋白質、G蛋白共役型受容体(GPCR)や膜輸送体蛋白質(トランスポーター)、それらの膜蛋白質を介したシグナル伝達系の構成蛋白質に対するモノクローナル抗体開発に取組んでいる。また、これまでに取得した癌特異抗体を用いて、多重特異性抗体(改変抗体)の設計とその評価技術の確立にも取組んでおり、治療への応用を目指している。


キーワード

モノクローナル抗体, 多重機能抗体, 抗体医薬,  診断薬

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo