グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者プロフィール

教授Professor
児玉 龍彦Tatsuhiko KODAMA

システム生物医学

E-mail: kodama.lsbm.org

Office: 4号館3階

Tel: 03-5452-5230

FAX: 03-5452-5232

外部リンク システム生物医学ラボラトリーのサイト

略歴

1977年 3月
東京大学医学部医学科卒業
Line
1977年 4月
東大病院内科医師
Line
1979年 5月
東京都立駒込病院医師
Line
1985年 4月
マサチューセッツ工科大学生物学研究員
Line
1989年10月
東京大学医学部助手
Line
1996年 4月
東京大学先端科学技術研究センター教授
Line
2002年 4月
東京大学先端科学技術研究センター特任教授
Line
2004年 4月
東京大学先端科学技術研究センター基金教授

研究分野

がんや生活習慣病の薬を設計する新しい技術を開発しています。ヒトゲノム解読のあと、健康と病気をコントロールしている標的タンパク質がわかってきました。我々は、細胞表面の「膜」のタンパク質と、遺伝子制御にかかわる「核内」の標的タンパク質を発現して、結晶化し、スーパーコンピューターを使ってダイナミックな計算から薬を設計しています。特に、ゲノムが修飾されて「記憶」を作っているエピゲノムという仕組みがわかってきました。このエピゲノムにかかわるヒストンを修飾する酵素と、その修飾をよむリーダータンパク質の相互作用に関わる薬の開発を作っています。



サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo