グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

准教授Associate Professor
小谷 潔Kiyoshi KOTANI

光製造科学分野

E-mail: kotani.neuron.t.u-tokyo.ac.jp

Office: 4号館302-1

Tel: 03-5452-5185

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2017 Research book

略歴

2003年3月
東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻博士課程修了(博士(工学))
Line
2003年4月
東京大学大学院情報理工学系研究科特任助手
Line
2006年11月
東京大学大学院新領域創成科学研究科講師
Line
2011年9月
東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授
Line
2014年4月
東京大学大学院工学系研究科准教授
Line
2014年8月
東京大学先端科学技術研究センター准教授

研究分野

近年の生物に関する計測・解析技術の進歩に伴い、生物は私たちの想像をはるかに超える精巧さ、精密さで様々な機能を実現していることが明らかになりつつあります。私たちは生体計測技術と数理解析理論(非線形動力学・統計物理学など)を融合し、複雑な生命現象の動作原理を明らかにすることを目指しています。 また、得られた生命現象に関する知見を診断技術・リハビリテーション・ヒューマンインタフェースなどに応用する研究を行っています。 具体的には,生命現象に普遍的にみられる非線形性・時間遅れ・ゆらぎ・複雑ネットワークを解析的に扱うための理論研究,脳神経系数理モデルと脳活動計測実験による記憶・認知機能の解明,バーチャルリアリティを活用して脳活動から使用者の意図を高速に読み取るシステムの開発などを行っております.これらを含め,主な研究テーマには以下のものがあります.

  • 生命現象の動作原理を理解するための力学系理論の構築
  • 遺伝子制御システムにおける時間遅れ相互作用の解析
  • 脳神経系数理モデルと脳活動計測による脳内情報処理機構の解明
  • 近赤外光トポグラフィを用いた脳血流評価法の最適化
  • 生活習慣病予防に向けた在宅用小型超音波検査ロボットの開発
  • 自律神経による循環器調節機構の解明と製造現場支援応用
  • 拡張現実感技術を用いた新しいBrain-Machine Interfaceの開発


キーワード

非線形動力学,統計物理学,生体信号処理,ヒューマンインタフェース

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・解除はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo