グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

准教授Associate Professor
松村 欣宏Yoshihiro MATSUMURA

代謝医学分野

E-mail: matsumura-y.lsbm.org

Tel: 03-5452-5471

FAX: 03-5452-5429

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2017 Research book

略歴

2004年3月
東北大学大学院理学研究科 化学専攻 博士課程修了
Line
2004年6月
秋田大学医学部 生理学第一講座 博士研究員
Line
2008年1月
米国オレゴンヘルスサイエンス大学 生化学・分子生物学部門 博士研究員
Line
2011年9月
東京大学先端科学技術研究センター 代謝医学分野 特任助教
Line
2012年4月
東京大学先端科学技術研究センター 代謝医学分野 助教
Line
2017年4月
東京大学先端科学技術研究センター 代謝医学分野 准教授

研究分野

生物は命を維持するために様々な環境に適応する必要があります。私たち体の中の細胞は、ゲノム、タンパク質ネットワーク、代謝システム、そして後天的ゲノム修飾であるエピゲノムを総動員して、環境に適応します。「エピゲノム」はDNAメチル化やヒストンの翻訳後修飾により規定される遺伝情報であり、外的環境に適応するための細胞記憶です。脂肪細胞は栄養を脂肪として貯蔵する器官であり、本来飢えと寒さから生命を守るために発達してきました。しかし文明が進歩し便利になった現代社会では、過剰な脂肪の蓄積によって脂肪細胞が正常な生理的機能を発揮できず、糖尿病や高脂血症などの生活習慣発症の一因となっています。脂肪細胞が栄養環境や寒さに適応するしくみを明らかにするために、遺伝子発現解析、エピゲノム解析、メタボローム解析、プロテオミクス解析などのシステム生物学的アプローチによる研究を行っています。脂肪細胞の環境適応のしくみが分かることで、脂肪を蓄えやすい、燃焼しにくいといった体質を改善することが可能となり、メタボリックシンドロームの予防・治療へとつながります。


キーワード

脂肪細胞、エピゲノム、代謝、環境適応、メタボリックシンドローム

大学院・専攻

  • 工学系研究科 先端学際工学専攻

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・解除はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo