グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

講師Lecturer
永江 玄太Genta NAGAE

ゲノムサイエンス分野

E-mail: nagaeg-tky.umin.ac.jp

Tel: 03-5452-5235

FAX: 03-5452-5355

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2018 Research book

略歴

2000年 3月
東京大学医学部医学科卒業
Line
2000年 5月
東京大学医学部附属病院内科研修医
Line
2001年 6月
NTT東日本関東病院内科研修医
Line
2002年 6月
自治医科大学附属病院内科研修医
Line
2008年 3月
東京大学大学院医学系研究科博士課程修了
Line
2008年 4月
東京大学先端科学技術研究センター特任研究員
Line
2010年10月
東京大学先端科学技術研究センター助教
Line
2015年10月
東京大学先端科学技術研究センター特任講師
Line
2017年 7月
東京大学先端科学技術研究センター講師

研究分野

ヒトのからだは数百種類もの細胞から構成されていますが、その固有の遺伝子発現パターンはエピゲノム修飾で厳密に制御されています。エピゲノム制御の破綻は様々なヒトの病気で観察され、特にがんにおいては、遺伝子配列の異常に加えて、エピゲノム異常が深く関わっていると考えられています。こうしたエピゲノム異常をさまざまな方向からアプローチして、病気の解明や臨床応用につなげていきたいと考えています。

1. エピゲノム情報より癌の性質を調べる(臨床癌組織のメチル化解析)
多くの癌臨床組織のメチル化異常をゲノムワイドに調べることで、同じ種類の癌でも制御破綻にはさまざまなパターンがあることがわかります。こうしたパターンが癌の性質と多様性にどのように関わっているかを研究しています。

2. エピゲノム修飾異常がどのようしてできるのか(エピゲノム制御解析)
DNA(シトシン)メチル化やヒストン修飾、クロマチン構造などのエピゲノム制御がどのような機序で破綻しているのか研究しています。エピゲノム修飾因子の異常は多くの癌で見られており、その制御異常の関与が示唆されています。

3. エピゲノム情報をより詳細に調べる(微量細胞におけるエピゲノム解析)
微量細胞からのエピゲノム修飾検出技術の開発を行っています。究極的には一細胞で実現することにより、細胞の分化や癌組織における細胞不均一性の理解が進むことが期待されます。


キーワード

エピジェネティクス、DNAメチル化、癌、トランスレーショナル研究

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo