グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者プロフィール

教授Professor
中邑 賢龍Kenryu NAKAMURA

人間支援工学

E-mail: kenryu.bfp.rcast.u-tokyo.ac.jp

Tel: 03-5452-5064

FAX: 03-5452-5064

outer link 研究室ホームページ

略歴

1984年3月
広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位修得退学
Line
1984年4月
香川大学教育学部助手
Line
1986年10月
香川大学教育学部助教授
Line
1992年3月
カンザス大学・ウィスコンシン大学客員研究員(-1992年12月)
Line
1996年3月
ダンディ大学客員研究員(-1996年10月)
Line
2005年4月
東京大学先端科学技術研究センター特任教授
Line
2008年4月
東京大学先端科学技術研究センター教授

研究分野

ICT(情報コミュニケーション技術)は情報伝達の効率化や蓄積という点において我々に多くの恩恵をもたらしたが、その一方で、社会速度の増加や溢れる情報に対処出来ない人が不適応に追い込まれ、うつ病、未就労者、自殺など社会問題と結びつく社会の新しいバリアを産み出している。
この研究室では技術を組み合わせていかにこのバリアを打ち破っていくかをテーマとしており、新しい技術 開発よりもむしろ身の回りにあるテクノロジー(アルテク)をいかに利用するかに焦点を当て、当事者も参加したリアリティある研究を特徴としている。
しかし、技術で個人をエンパワメントするだけではバリアフリーな社会は実現できない。社会の多様性への理解、 技術利用を前提とした社会制度の設計なども合わせて行う必要がある。そこで、心理学・工学・教育学・リハビリテーション学だけでなくデザインや芸術などの研究者も参加し、学際的、社会活動型アプローチによりバリアフリー社会の実現を目指している。



サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo