グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

特任教授Professor
柴崎 芳一Yoshikazu SHIBASAKI

システム生物医学分野

略歴

1979年3月
東京大学医学部卒業
Line
1981年6月
東京大学医学部第三内科
Line
1984年6月
シテイオブホープナショナルメデイカルセンター研究員
Line
1990年6月
ハーバード大学医学部細胞生物学科研究員
Line
2002年4月
東京大学先端科学技術研究センター特任教授
Line
2006年8月
東京大学生命科学構造化センター特任教授
Line
2010年4月
東京大学先端科学技術研究センター特任教授

研究分野

生命の基本単位である細胞は、そこで働く生体分子が細胞内に適切に配置されて初めて機能する。このための巧妙な輸送系が完備されている。我々の関心は生体分子、特に受容体などの膜タンパク質の細胞内での「位置」および「働き」であり、輸送系が織りなす広範な細胞機能である。この中には、(1)移動の仕組みとシグネル伝達の連関、(2)膜の動的形態変化、(3)細胞骨格系との相互作用なども含まれる。

手法としては、生体分子に可視化標識をつけ、時間的、空間的調節を含めた細胞の動的観察、さらに輸送を調節する分子の同定(構造解明も含む)、そして、遺伝子改変によるメカニズム解析などである。こうした研究は基礎生物学的な疑問に答えるだけでなく、輸送系の破綻としての疾患という新しい視点を提供する。例えば、細胞増殖機構やインスリンの作用機構にも重要な情報を与え、がんや糖尿病など生活習慣病の病態解明につながり、新たな治療法開発に道を拓くものである。



プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo