グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

教授Professor
菅 裕明Hiroaki SUGA

ケミカルバイオテクノロジー分野

E-mail: hsuga.rcast.u-tokyo.ac.jp

Office: 4号館4階

Tel: 03-5841-8372

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2017 Research book

略歴

1997年9月
ニューヨーク州立バッファロー大学助教授
Line
2001年8月
ニューヨーク州立バッファロー大学准教授
Line
2003年4月
東京大学先端科学技術研究センター准教授
Line
2005年1月
東京大学先端科学技術研究センター教授
Line
2010年4月
東京大学大学院理学系研究科教授(兼)

研究分野

当研究室では、有機化学の考え方と技術を生物学に取り入れることにより、これまで解決が困難であった研究課題に挑戦しています。また、サイエンス(科学)とテクノロジー(科学技術)のバランス良い研究を推進することで、新しい概念を築くような科学的知見の獲得、汎用性の高いバイオテクノロジーの開発、そして創薬にまで繋がるような奥行きのある研究をしています。
さらに、切磋琢磨できる研究環境をつくり、独創的で国際感覚に溢れた人材の育成を目指しています。現在推進している研究は下記の 通りである。

1)特殊ペプチド創薬:天然物で単離されるようなペプチドの主鎖あるいは側鎖骨格に修飾のかかった特殊ペプチドを翻訳合成し、1兆を超える種類の特殊ペプチドからなるライブラリーから標的蛋白質に強力に結合する特殊ペプチドを、迅速に探索する技術RaPIDシステムを開発した。この技術を駆使し、様々な薬剤標的に生理活性を示す特殊ペプチドを発見することで、次世代医薬品の開発に導く。
2)翻訳系エンジニアリング:遺伝暗号リプログラミングを推進する上でより高い効率で種々の特殊アミノ酸を導入できる翻訳系の構築をおこなう。
3)擬天然物の翻訳合成:翻訳系と修飾酵素を組み合わせ、非ペプチド骨格をもつ擬天然物のワンポット合成系の確立を目指す。



プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo