グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

教授Professor
山下 真司Shinji YAMASHITA

情報デバイス分野

E-mail: syama.cntp.t.u-tokyo.ac.jp

Tel: 03-5841-6659

FAX: 03-5841-6025

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2017 Research book

略歴

1991年2月
東京大学 先端科学技術研究センター 助手
Line
1994年8月
東京大学 先端科学技術研究センター 専任講師
Line
1995年4月
東京大学 工学系研究科 専任講師
Line
1996年4月
英国サザンプトン大学 光エレクトロニクス研究センター 客員研究員 (~1998.4)
Line
1998年4月
東京大学 工学系研究科 助教授
Line
1999年4月
東京大学 新領域創成科学研究科 助教授
Line
2004年4月
東京大学 工学系研究科 助教授
Line
2009年7月
東京大学 工学系研究科 教授
Line
2013年4月
東京大学 先端科学技術研究センター 教授

研究分野

山下研究室では、この光ファイバ通信およびセンシングのための光ファイバやレーザなどの光デバイスとそれらを応用したシステムの研究を行なっている。

■超高速/広帯域波長可変光ファイバレーザとそのOCT応用
エルビウム(Er)などの希土類を添加した光ファイバや半導体素子による光ファイバレーザの通信・センサ応用を進めている。特に最近力を入れているのは、非常に広い波長範囲(100nm以上)を高速(繰り返し周波数数百kHz)でスキャンすることができる超高速/広帯域波長可変光ファイバレーザである。このレーザの光ファイバセンサや光断層画像診断(OCT)への応用を進めている。

■ナノカーボン光デバイスとその応用
カーボンナノチューブ(CNT)およびグラフェンは非常に有用な機械的・電気的特性をもつ。当研究室ではこれらのナノカーボン光デバイスの研究を進めている。特にナノカーボンを用いた高安定・高出力短パルス光ファイバレーザに注力している。ナノカーボンの高速な可飽和吸収特性を利用し、受動モード同期により短い(~1ps)の光パルスを生成することができる。さらにそれを種としての超広帯域光発生にも成功しており、この超広帯域光を利用したOCTシステムの開発も進めている。

■通信・センシング用光デバイス
 その他にも、通信・センシング用の光デバイス、光ファイバの非線形を利用した波長変換器やパラメトリック増幅器、レーザや光フィルタなどの研究を進めている。


キーワード

光ファイバ通信、光ファイバセンサ、光ファイバレーザ、カーボンナノチューブ、グラフェン

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo