グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

特任講師Project Lecturer
山崎 歴舟Rekishu YAMAZAKI

量子情報物理工学分野

E-mail: rekishu.qc.rcast.u-tokyo.ac.jp

Office: 3号館209号室

Tel: 03-5452-5076

outer link 研究室ホームページ

内部リンク 2018 Research book

略歴

2006年 5月
Ph.D in Science, Purdue 大学
Line
2006年 7月
大阪大学 CREST特別研究員
Line
2009年 4月
京都大学大学院理学研究科 特定研究員(産官学連携)
Line
2012年 4月
東京大学先端科学技術研究センター 助教
Line
2017年 4月
科学技術振興機構 さきがけ研究員
Line
2018年 4月
東京大学先端科学技術研究センター 特任講師

研究分野

19世紀後期から人類は微細な世界を包括する不思議な物理法則に気付き始めた。我々の常識とは一線を画すこの法則は、トンネリング・重ね合わせ・もつれあい状態などの不思議な現象を常とする。この法則こそ量子力学である。過去100年間における量子力学の歴史は我々の常識に対する挑戦の歴史でもあった。量子に内包される不思議は我々の直感から遠く位置し、その理解は常に我々の常識を疑う事から深められてきた。
これらの小さな世界に住む不思議が今日我々の生活を大きく変えようとしている。量子センサー・量子通信・量子コンピュータと呼ばれる分野では、これら量子の不思議を纏ったデバイスが既存デバイスをはるかに超える性能を見せつつある。我々は量子デバイスの研究を通して、既存の情報処理や測定精度を凌駕するデバイスの開発を行っている。また同時にこれら新デバイスの開発を通して更なる量子の不思議を紐解いていく研究を行っている。


キーワード

オプトメカニクス、表面弾性波、ハイブリッド量子系

大学院・専攻

  • 工学系研究科 先端学際工学専攻

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo