グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

先端研ニュース

櫻井健志特任講師が2015年度吉田奨励賞受賞

  

  生命知能システム分野の櫻井健志特任講師が、12月11-13日に開催された日本比較生理生化学会第37回大会において2015年度吉田奨励賞受賞をされました。 吉田奨励賞は、比較生理生化学の分野で優れた研究を行っている若手研究者に対し贈られるものです。

<講演タイトル>

ガ類の性フェロモン受容・識別の分子神経機構の解析


神崎先生と櫻井さん
受賞した櫻井さん(右)

<櫻井さんの受賞研究について>

  蛾類昆虫のオスは同種のメスの放出する種特異的な性フェロモンの匂いを触角のフェロモン受容細胞で鋭敏かつ特異的に検出し、配偶相手であるメスを探し出します。 この現象は昆虫記で有名なファーブルによって100年以上も前に記述されていましたが、オスの蛾が性フェロモンを嗅ぎ分け、同種のメスを認識する分子神経機構はよくわかっていませんでした。 本研究では、モデル昆虫であるカイコガを用いて、触角における性フェロモン識別の分子機構を明らかにするとともに、触角で受容したフェロモンの情報をもとにオスが高感度かつ高選択的に同種のメスを探索する行動を起こす仕組みを明らかにしました。



プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo