グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

  • ホーム >
  • 研究について >
  • 先端研ニュース >
  • 広浜大五郎特任研究員(臨床エピジェネティクス寄付研究部門)が国際アルドステロンカンファレンスにおいてYoung Investigator最優秀賞を受賞

先端研ニュース

広浜大五郎特任研究員(臨床エピジェネティクス寄付研究部門)が
国際アルドステロンカンファレンスにおいてYoung Investigator最優秀賞を受賞

臨床エピジェネティクス寄付研究部門の広浜大五郎特任研究員が本年3月15、16日に シカゴで開催された第43回国際アルドステロンカンファレンス (43rd Meeting of the International Aldosterone Conference)においてYoung Investigator最優秀賞を受賞しました。

最優秀賞の受賞は日本人では初めてです。発表論文は米国腎臓学会誌に掲載されています。

受賞理由:
「塩分欠乏時の血圧低下に対する防御機構の解明」

発表論文:
Aldosterone is Essential for Angiotensin II-induced Upregulation of Pendrin

Daigoro Hirohama(*), Nobuhiro Ayuzawa, Kohei Ueda, Mitsuhiro Nishimoto,Wakako Kawarazaki, Atsushi Watanabe, Tatsuo Shimosawa, Takeshi Marumo,Shigeru Shibata and Toshiro Fujita(*)

DOI:外部リンクhttps://doi.org/10.1681/ASN.2017030243

 

受賞後した広浜研究員(中央)、副会長Prof. Morag Young(左)、会長Prof. Matt Luther(右)
受賞した広浜研究員(中央)、副会長Prof. Morag Young(左)、会長Prof. Matt Luther(右)

プレスリリース

プレスリリース

活動報告

活動報告

メルマガ「RCAST NAVI」

メルマガ「東大先端研NAVI」

先端研のタイムリーなトピックをお伝えするメールマガジンです。

内部リンク 登録・配信停止はこちら

内部リンク バックナンバーはこちら

各種メニュー
  • Facebook Twitter
  • 東京大学

  • サイト情報の開始

    page top

    Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo