1. ホーム
  2. 研究について
  3. 研究者一覧
  4. ティクシェ三田 アニエス

研究者一覧

  • 准教授Associate Professor
  • ティクシェ三田 アニエスTIXIER-MITA Agnes
  • 極小デバイス理工学 分野

略歴

1998年 9月 リール第一大学(フランス)電子マイクロ電子研究所 工学博士
1999年 1月 日本学術振興会 外国人博士研究員 東京大学生産技術研究所 藤田博之研
2001年 2月 東京大学生産技術研究所 助手
2005年 2月 フランス国立科学研究センター(CNRS)研究助手 生産技術研究所付
2010年 4月 東京大学生産技術研究所マイクロナノメカトロニクス国際研究センター 准教授
2010年 6月 東京大学先端科学技術研究センター 准教授(~2020年5月)
2020年 5月 転出

研究分野

当研究室では、大規模集積化MEMS-LSIシステム技術を用いた化学やバイオセンサの設計、製作技術を研究しており、特に化学環境モニタリング応用に重点を置いています。また、MEMSセンサへの無線給電や無線データ通信に関しても取り組んでいます。センサやアクチュエータを集積化したMEMS微小機械システムに新たに集積回路の「頭脳」を融合することにより、外界とインタラクション可能な「体」の機能も併せ持つ知的なシステムを構築することができます。
化学・バイオセンサとは、液体・気体中に存在する物質を自動的に解析するシステムのことです。ここにMEMS技術を使うことによりセンサシステムを極小化できますので、センサのポータブル化とユビキタス化が可能です。研究室が取り組むセンサーシステムは、未開封コンテナーの中や細胞分析・制御に利用可能です。

関連情報

    ページの先頭へ戻る