グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

准教授 Associate Professor
宇佐見 康二 USAMI Koji

量子情報物理工学 分野

略歴

2004年 3月  東京工業大学総合理工学研究科博士課程修了 
2004年 4月  東京工業大学物性物理学研究科研究員 
2008年 6月  ニールス・ボーア研究所(デンマーク)研究員 
2011年 4月  ニールス・ボーア研究所(デンマーク)研究准教授 
2013年 4月  東京大学先端科学技術研究センター准教授

研究分野

本研究室では、現在のサイバー空間を熱雑音から解放し、侵すべからざるハイゼンベルグの不確定性原理のために物理的に取り除くことが不可能である、究極的な量子雑音のみが残響する量子サイバー空間を構築することを目指す。量子サイバー空間では、情報を伝達するキャリアは単一量子(単一光子、単一マイクロ波光子、単一フォノン、単一マグノン等)のレベルであり、それらが熱雑音に埋もれることなく様々な量子系を行き来する。量子サイバー空間実現の鍵は、1)レーザー技術と低温・超伝導技術を融合した、可視・赤外光からマイクロ波にわたる電磁波の包括的な制御 2)様々なエネルギースケールの電磁波を受け渡すノードとしての固体中の集団励起モード(フォノンやマグノン等)の冷却や制御技術である。本研究室では、量子サイバー空間実現を念頭に、様々な量子の自由度を自在に制御する要素技術の確立を目指すとともに、様々な系の境界領域に潜む興味深く魅力的な物理を探索する。

キーワード

オプトメカニクス、固体のレーザー冷却、ハイブリッド量子系


サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo