1. ホーム
  2. 研究について
  3. ニュートリオミクス・腫瘍学分野

ニュートリオミクス・腫瘍学分野

核内受容体のシステム生物学からがんと生活習慣病の新規治療標的を探す

核内受容体による栄養代謝制御を明らかにして薬を作る

核内受容体は発生や分化といった生理的因子あるいは環境因子な どの種々の刺激に応答してリガンド依存的に遺伝子発現を調節する 転写制御因子です。ヒトでは48種あり、糖尿病や動脈硬化などの代 謝異常症、薬物相互作用、あるいは癌細胞の増殖にも関わっており 創薬の標的となっています。我々は、食べ過ぎや運動不足により生 じるメタボリックシンドロームの研究から、糖質、脂質およびタン パク質の三大栄養素が中間代謝物を介して相互補填することから、 これらの栄養素の代謝を統合した「新しい栄養学」に基づく治療法 の確立を目指しています。そのため、ゲノム、エピゲノム、トラン スクリプトーム、プロテオーム、メタボローム解析を駆使し、核内 受容体による転写および代謝制御機構を明らかにし、がんや生活習 慣病の発症機序の解明と治療法の確立を目指しています。また、病 態の発症には様々な細胞が関与することから、シングルセル解析も 進めています。

主な研究テーマ:
(1)非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の機序解明と治療薬標的探索
(2)PPARβ/δ-CD300A axisが消化管炎症と代謝疾患に及ぼす影響
(3)去勢抵抗性前立腺癌発症機序および治療標的の同定

非アルコール性脂肪肝炎
非アルコール性脂肪肝炎 (NASH)
PPARβ/δ-CD300A軸と炎症
PPARβ/δ-CD300A軸と炎症 (NASH)

メンバー

  •  田中 十志也 特任教授
  • 専門分野:栄養代謝学、核内受容体創薬
教授(兼務)和田 洋一郎
特任准教授 穴井 元暢
<2019年5月現在>

関連タグ

ページの先頭へ戻る