ページトップ | 本文へ | グローバルナビゲーションへ | サイト情報へ |

グローバルナビゲーションの開始

サブナビゲーションへ |
本文へ |
サイト情報へ |

本文の開始

准教授
巖淵 守
Associate Professor IWABUCHI, Mamoru
支援情報システム
E-mail
mamoru@bfp.rcast.u-tokyo.ac.jp

Tel
03-5452-5490

略歴
区切り線

1997年3月
大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程修了

区切り線

1997年10月
ダンディ大学コンピュータ応用学科助手

区切り線

2001年4月
広島大学院教育学研究科講師

区切り線

2003年
ワシントン大学客員研究員

区切り線

2006年4月
広島大学大学院教育学研究科助教授

区切り線

2008年4月
東京大学先端科学技術研究センター特任准教授

区切り線

2009年3月
東京大学先端科学技術研究センター准教授

区切り線


区切り線


研究分野:
支援テクノロジーの利用は、病気・けがや障害などが理由で困難である活動を可能にするばかりでなく、達成感や自信、将来への見通しを導くといった、本人や周囲への心理面での効果が期待できる。本研究室では、様々なバリアを抱える人々に役立つテクノロジーの利用推進、ならびにそれを通じた多様性を受け入れる社会の実現を目指し、人と人、人とモノをつなぐ情報ネットワーク技術の高度化やコミュニケーション支援に関する研究を行っている。技術開発については、携帯電話やインターネットなどをはじめとする主流技術をベースとすることで、開発に必要な経済的・時間的コストを抑え、支援技術の普及促進をはかる国際的スキームの提案を目指す。工学的アプローチを軸にしながら、当事者のニーズに立ち、現場に密着した学際的研究を実施している。

現在の主な研究テーマは以下の通り。
(1)学習に役立つ情報技術をベースとした支援技術開発
(2)重度重複障害へのコンピュータビジョンを用いた支援技術開発
(3)携帯電話やインターネットを利用したコミュニケーション支援システムの開発
(4)開発途上国・マイノリティ言語向けの支援技術開発


本文の終了 | ページトップへ