1. ホーム
  2. ニュース
  3. イベント情報
  4. 国際ウェビナー「フェイクニュースとディスインフォメーション対策の動向:イスラエルと日本の最新事例から」

国際ウェビナー「フェイクニュースとディスインフォメーション対策の動向:イスラエルと日本の最新事例から」

イベント情報

開催日 2021年8月30日(月曜日)16時00分
開催場所

Zoomを使用したオンライン開催

使用言語:英語/日本語(同時通訳付き)

主催

ROLES(RCAST Open Laboratory for Emergence Strategies 東大先端研・創発戦略研究オープンラボ)

参加費 無料
要事前登録
下記URLからアクセスしていただきお申込みください
https://roles2021fakenews.peatix.com別ウィンドウで開く
(申し込みにあたっては、チケットサイトPeatixで無料のユーザー登録をお願いします。メールにて、Zoom参加URL・パスワードを送信いたします)
問い合わせ先

東京大学先端科学技術センター グローバルセキュリティ・宗教分野事務室
office@me.rcast.u-tokyo.ac.jp

フェイクニュースとディスインフォメーション対策の動向:イスラエルと日本の最新事例から

近年、多くの国では「フェイクニュース」や「ディスインフォメーション(偽情報)」の拡散とその影響への対策のあり方が問われています。実際、様々な国において、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に関連したフェイクニュースや、国内での選挙や危機において外国政府によって行われた大規模なディスインフォメーション・キャンペーンへの対応の試みがみられました。
本ウェビナーでは、イスラエルと日本の著名な専門家をお招きし、フェイクニュースとディスインフォメーション対策に関する最新動向や、個人および政府レベルにおける取組課題について話題提供いただきます。また、新型コロナ、イスラエル議会総選挙、2021年ガザ紛争等における取組事例を踏まえ、技術面や政策面での取組のあり方について考えを深めていきます。そのうえで、新興技術による人間行動や国家安全保障政策への影響といったサイバー心理学に関連する複雑な倫理的課題についても議論し、包括的な取組のあり方について参加者とともに考えてまいります。

スピーカー

* インバル オルパズ(イスラエル・テルアビブ大学付属国家安全保障研究所(INSS)リプキン・シャハク・プログラム・研究員)
* 笹原 和俊(東京工業大学環境・社会理工学院・准教授)
* コメンテーター:小泉 悠(東京大学先端科学技術研究センター・特任助教)
* モデレーター:池内 恵(東京大学先端科学技術研究センター・教授)

About the Speakers

Ms. Inbal Orpa
Inbal Orpaz is a researcher at Lipkin Shahak program at the Institute for National Security Studies (INSS), Israel, and a strategic consultant in the fields of innovation and start-ups and a public speaker. She is the founder of the "#WomanInTech" initiative to promote women in high-tech and a former senior high-tech correspondent for TheMarker, where she covered a variety of topics, including entrepreneurship and venture capital investments, the diversity in tech, the social role of high-tech as a growth engine, multinational companies and homeland security technologies. She was elected to the Forbes Under30 list for 2017 and to the list of the 100 most influential people in the Israeli high-tech of Geektime in 2015. She holds an MBA from Tel Aviv University. Her research interests include Post Truth and Fake News and she has conducted a variety of research, including how technology can help solve the problem of fake news.

Dr. Kazutoshi Sasahara
Kazutoshi Sasahara is an Associate Professor of School of Environment and Society at the Tokyo Institute of Technology (Tokyo Tech). His lab studies computational social science in order to understand human society as a complex system, connecting knowledge to innovation and value creation. Dr. Sasahara has published extensively and presented papers on Social Data Science, Computational Social Science and Complex Systems Science. His latest book is The Science of Fake News: The Mechanisms of Spreading Rumors, Conspiracy Theories and Propaganda (Kyoto: Kagaku-Dojin Publishing, 2021, in Japanese)

Commentator: Yu Koizumi
Yu Koizumi is a Project Assistant Professor at the Research Center for Advanced Science and Technology (RCAST), the University of Tokyo. His research interests include security policy of Russian Federation, international security and emerging technologies

Moderator: Satoshi Ikeuchi
Satoshi Ikeuchi is a Professor of Religion and Global Security at the Research Center for Advanced Science and Technology (RCAST) of the University of Tokyo and the Head of ROLES (RCAST Open Laboratory for Emergence Strategies). Professor Ikeuchi has published extensively on Middle East politics, Islamic political thought and global security challenges

主催:ROLES(RCAST Open Laboratory for Emergence Strategies 東大先端研・創発戦略研究オープンラボ)
後援:駐日イスラエル大使館

ページの先頭へ戻る