1. ホーム
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. PCR陽性で無症状で、抗体検査陰性の感染者について(記者会見)

PCR陽性で無症状で、抗体検査陰性の感染者について(記者会見)

  • プレスリリース

2020年7月7日

1.会見日時:

2020年月7月7日(火)14:00 ~ 

2.会見場所:

オンライン会見

3.発表者:
川村 猛
(東京大学 アイソトープ総合センター 准教授/新型コロナウィルス抗体検査機利用者協議会幹事会 幹事会代表)
児玉 龍彦
(東京大学 先端科学技術研究センター がん・代謝プロジェクト プロジェクト リーダー/東京大学名誉教授
 /新型コロナウィルス抗体検査機利用者協議会幹事会 アドバイザー)
4.発表概要:

新型コロナウィルスの新たな広がりが東京をはじめ全国で報告され、無症状の感染者からの感染の広がりが注目されています。東京大学アイソトープ総合センター川村猛准教授を代表とする新型コロナウィルス抗体検査機利用者協議会幹事会(略称:協議会幹事会)では、PCR陽性で無症状または軽症の方の抗体測定結果について7月3日の協議会幹事会を含め検討を進めており、その結果、複数の医療機関において、抗体陰性の方が一定数おられることを確認いたしました。それを受けて新型コロナウィルス抗体検査機利用者協議会の推奨する判定基準を改定し、さらに無症状の方の検討を進めることを決定いたしましたので、本件について説明いたします。

5.問い合わせ先:

東京大学 先端科学技術研究センター
がん・代謝プロジェクト プロジェクトリーダー 児玉 龍彦(こだま たつひこ)

ページの先頭へ戻る