グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

フェロー Fellow
コープ デイビッド COPE David

先端研フェロー

略歴

1967年  ケンブリッジ大学卒業
1968年  ロンドン大学 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス 経済学専攻 修士課程修了
1968年  ロンドン大学 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 研究員
1970年  ノッティンガム大学 工学と技術に関する学際的研究 講師
1981年  OECD国際エネルギー機関 環境部門チームリーダー
1986年  経済環境開発英国センター エグゼクティブ・ディレクター
1997年  同志社大学 経済学部 経済学科 教授
1998年  英国議会事務局科学技術室 ディレクター (-2012)
2001年  ロンドン・メトロポリタン大学 名誉博士号 Ph.D.
2008年  ケンブリッジ大学クレアホール 終身メンバー 教授
2013年  英国コモンウェルススカラシップコミッショナー
2014年  ケンブリッジ大学クレアホール ファウンデーションフェロー
2014年  同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター 客員教授
2015年  ロンドン大学 ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 客員教授
2016年  東京大学先端科学技術研究センター フェロー
2012年  旭日小綬章 叙勲

研究分野

14年間イギリス議会科学技術局のディレクターを務めた経験から、この数年の主たる関心事項は、科学技術における現代の問題(issues)に対し、簡潔な、中立的見地からの分析と評価を与えうる手法に関連しています。特に、一般的にテクノロジーアセスメントと呼ばれる分野における方法論の開発、および、アウトプットの普及に関わってきました。中でも、専門性(expertise)と、それに伴う審議会やパブリックエンゲージメントなどのようなテクノロジーアセスメントの役割に注目しています。専門知識は「完璧であらねばならない」がゆえに過失や罪(culpability)を内包するという、あらゆる専門家が直面する問題も、重要であると考えています。また、これまでに、「原子力施設のセキュリティと核拡散」から「空の旅と健康」に至るまで、数多くの科学技術に関連する特定のメタ分析評価も行っています。
最近では、以前に研究をしていた領域-人口統計学的変化(demographic change)-と、その社会的、経済的影響についても、再び意識が向かうようになってきました。そのため、フィンランド議会「未来委員会(Committee for the Future)」発行の「世代間関係(intergenerational relations)」及び「未来への義務(obligations to the future)」の研究も進めており、その中でも、特に、人口統計学的分析からの定量的入力データによる、適切な倫理性の提示に取り組んでいます。
一方、自身の研究活動の他に、日本と英国(ひいてはより広くヨーロッパ)間の研究活動の促進や、そのための研究支援の発掘活動にも関わりを強めています。

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo