1. ホーム
  2. 研究について
  3. 社会連携研究部門 再生可能燃料のグローバルネットワーク

社会連携研究部門 再生可能燃料のグローバルネットワーク

世界に先駆けて再生可能エネルギー水素社会の実現を目指す

日照条件や潤沢な土地に恵まれた海外の地域で再生可能エネルギーを用いて製造した水素を日本に運ぶことで、エネルギー資源が不十分な日本において、世界に先駆けて再生可能エネルギーを基盤とする持続可能な社会の構築を目指します。参画企業10社、そして海外のアカデミックパートナー・政府を含む国際的産官学連携体制によるオープンイノベーションにより、再生可能エネルギー燃料をグローバルに調達するための社会システム・基盤技術のプラットフォーム構築を進めます。

オーストラリアから太陽光を持ってこよう
オーストラリアから太陽光を持ってこよう

連携機関

・住友商事株式会社 ・株式会社小松製作所
・住友電気工業株式会社 ・千代田化工建設株式会社
・株式会社アクトリー ・東京ガス株式会社
・株式会社ウエストホールディングス ・JXTGエネルギー株式会社
・株式会社日本触媒 ・株式会社日立製作所

メンバー

  •  杉山 正和 教授
  • 専門分野:高効率太陽光発電、半導体結晶成長・微細加工、エネルギー変換
  • 河野 龍興 特任教授
  • 専門分野:水素エネルギーシステム蓄電池(ニッケル水素電池、リチウムイオン電池)
特任准教授 小原 聡
<2020年5月現在>

関連タグ

ページの先頭へ戻る