グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

准教授 Associate Professor
セット ジイヨン SET Sze Yun

情報デバイス 分野

E-mail: setcntp.t.u-tokyo.ac.jp

Office: 3号館3F 313号室

Tel: 03-5452-5353

外部リンク 別ウインドウで開く 研究室ホームページ

2018 Research book (PDFファイル: 659KB)

略歴

1993年  6月  サウサンプトン大学工学部電子工学科卒業 
1998年10月  東京大学先端科学研究センター外国人特別研究員 
1999年  1月  サウサンプトン大学オプトエレクトロニクス研究センター博士号取得 (PhD) 
2000年10月  東京大学大学院工学系研究科リサーチ・アソシエイト 
2001年  4月  Micron Optics Inc., (米国)シニアエンジニア 
2002年  4月  株式会社アルネアラボラトリ研究開発部長 
2005年  4月  株式会社アルネアラボラトリ 代表取締役社長(兼任技術統括CTO) 
2016年  2月  東京大学先端科学研究センター 准教授

研究分野

2003年初めてカーボンナノチューブを用いた短パルスレーザーを発振成功して以来、ナノチューブやグラフェン等ナノカーボン材料を用い、様々なレーザー・光学応用の研究に展開した「ナノカーボンフォトニクス」という新しい分野を発展してきた。
本研究室では、これらの先端的な短パルスレーザーを産業応用に向けての研究を行っている。例としては (1)光通信分野に向けた、特殊長波長フェムト秒ファイバーレーザーを用いた超高速、高感度光サンプリングオシロスコープ、(2) 車体製造産業に向けた、高繰返率短尺ファイバーレーザーを用いた非接触3次元レーザー形状測定器、(3) 微細加工分野に向けた、シード光源として使用されているフェムト・ピコ秒パルスレーザー等がある。
最近主な研究テーマは次の通りである:
■ 新しい高信頼性レーザー短パルス発振手法の研究
■ 新素材を用いた高機能光学集積デバイスの研究
■ 希土類添加ファイバー増幅器とその応用の研究
■ パルスレーザー光源の多分野への新しい応用研究

キーワード

短パルスレーザー、カーボンナノチューブ光学応用、高速非線形効果、3次元レーザー形状計測


サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo