グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

教授 Professor
高橋 哲 TAKAHASHI Satoru

光製造科学 分野

E-mail: takahashinanolab.t.u-tokyo.ac.jp

Office: 4号館302-2号室

Tel: 03-5452-5187

外部リンク 別ウインドウで開く 研究室ホームページ

2018 Research book (PDFファイル: 732KB)

略歴

1995年  3月  大阪大学大学院工学研究科博士前期課程修了 
1996年  4月  大阪大学工学部 助手 
2002年10月  大阪大学大学院工学研究科 講師 
2003年  1月  東京大学大学院工学系研究科 助教授 
2013年  6月  東京大学大学院工学系研究科 教授 
2014年  4月  東京大学先端科学技術研究センター 教授

研究分野

次世代の超精密ものづくりを実現するため,我々生命体の根源をなす“光”エネルギを媒体とした新しいマイクロ/ナノ加工・計測・生産技術に関する研究を推進している.すなわち,従来から製造現場において広く用いられてきた,高い遠隔制御性を特徴とする自由空間伝搬光エネルギに加え,主に基礎科学分野において用いられてきた,高い空間的局在性を特徴とするエバネッセント光や近接場光といった局在光エネルギも含めて,次世代の先進的生産技術を支援する光エネルギの可能性を追求している.具体的には,レーザー応用ナノインプロセス計測,レーザー応用ナノ加工に代表される先進製造を実現するための要素技術開発とともに,新しいマイクロデバイス生産システム概念となるセルインマイクロファクトリを提唱し,その確立を目指している.それぞれの研究・技術開発においては,(a) 新概念の提案から,(b) 理論・実験両面からの特性解析,(c) 実用化を見据えた実験的検証までをカバーする.主な研究テーマは以下の通りである.
(1) エバネッセント局在フォトンを用いたナノ光造形の開発
(2) 半導体製造におけるナノ欠陥の高分解能・高感度・光学的計測法の開発
(3) 光触媒ナノ粒子を用いた三次元マイクロ構造レーザー直描法の開発
(4) 局在光エネルギの動的制御を用いたセルインマイクロファクトリに関する研究

キーワード

レーザ応用ナノ計測,レーザ応用ナノ加工,セルインマイクロファクトリ


サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo