1. ホーム
  2. 研究について
  3. 情報デバイス分野  山下・セット研究室

情報デバイス分野  山下・セット研究室

高機能レーザ・光デバイスにより新しい光通信・計測を切り拓く

ナノカーボンによる新しいレーザ・光デバイス

カーボンナノチューブ(CNT)やグラフェンのようなナノカーボン材料は有用な電気的・光学的特性を持っています。我々はこれらの材料を用いた新しいレーザ・光デバイスと計測応用の研究を進めています。特にナノカーボンの持つ高速な可飽和吸収を利用した受動モード同期技術により0.1psの間だけ光る短パルス光ファイバレーザや高機能光デバイスを実現しました。

高速に色を変化できるレーザの計測・医用応用

エルビウム(Er)やツリウム(Tm)等の希土類を添加した光ファイバや半導体素子による光ファイバレーザの計測応用を進めています。最近注力しているのは、100nm以上で色を繰返し周波数数百kHzで掃引できる超高速広帯域波長可変光ファイバレーザです。本光源の光断層画像診断(OCT)への応用を進めています。また、これまで実現が難しかった中赤外波長(2~5μm)光ファイバレーザの構築と応用を進めています。

高性能3次元計測プラットフォームの開拓

コンピュータ統合生産等に対応した各種測定物の3次元モデリングや空間情報の取得のような多種多様な3次元サービスを「インダストリー4.0」へ導入することにおいて、高精細3次元レーザスキャナは重要な役割を果たします。我々はこれまで計測分野で見過ごされてきた光波の偏波・位相を高度な変調方式により活用することで、高度な3次元計測技術を創出しています。

CNTによる世界最小のフェムト秒ファイバレーザ

 

CNTによる世界最小のフェムト秒ファイバレーザ
波長掃引OCTシステムと高速取得画像

 

波長掃引OCTシステムと高速取得画像
3次元レーザスキャナシステムと取得3次元画像

 

3次元レーザスキャナシステムと取得3次元画像

メンバー

  • 山下 真司 教授
  • 専門分野:ファイバフォトニクス、非線形光学、ナノカーボン材料、バイオフォトニクス
  • セット ジイヨン 准教授
  • 専門分野:レーザシステム、超高速光エレクトロニクス、三次元計測、集積フォトニクス
助   教 金 磊
特任研究員 杉浦 洋平
特任研究員 張 超
<2020年5月現在>

関連タグ

ページの先頭へ戻る