1. ホーム
  2. 研究について
  3. グローバル気候力学分野  小坂研究室

グローバル気候力学分野  小坂研究室

気候変動のグローバルな連鎖のメカニズムを探求し予測への鍵を導く

世界各地の気候変動を結びつける遠隔影響

ある地域での大気の揺らぎは、大気循環の変化を通じて離れたところに伝わります。この「遠隔影響」はよく、大気と海洋との間の相互作用を伴う自励的なフィードバック過程を通じて誘起され、離れた地域で新たなフィードバックを引き起こし、ときには異常気象をもたらします。海洋の揺らぎは大気に比べてゆっくりと時間発展し、数ヶ月から、ときには数十年に渡って、世界中の様々な地域の気候に影響します。海洋変動とそれがもたらす遠隔影響は、天候を数ヶ月前から予測するための鍵でもあります。

またこのような気候の自然変動は、人為起源の地球温暖化と干渉し、ときには更に激しい熱波をもたらす一方で、温暖化と逆行するかのような一時的な寒冷化を引き起こすこともあります。観測された気候の揺らぎの中から人為起源の変化と自然変動とを分離する「原因特定」は、エネルギー・気候政策の決定において重要な意味を持ちますが、自然変動の深い理解と大型計算機による多様な気候シミュレーションを必要とする高度な試みです。

私たちの研究室では、観測データ及び気候モデルシミュレーションデータの解析や、新たなモデルシミュレーションのデザインと実施を通して、気候システムのグローバルな共変動の理解と、それに基づく予測可能性の特定を目指しています。主な研究テーマは以下です。
(1)東アジアに持続的な異常気象をもたらす地球規模の大気循環変動のメカニズムと予測可能性
(2)太平洋・インド洋域に内在する大気海洋変動現象のメカニズムとその地球規模の影響
(3)様々な形で顕れる地球温暖化の原因特定

東アジア夏季異常気象とインド洋との遠隔連関
東アジア夏季異常気象とインド洋との遠隔連関
全球平均気温変化の気候モデルによる再現 観測値 通常の歴史的気候再現実験 「ペースメーカー」実験
全球平均気温変化の気候モデルによる再現
地球温暖化を15年に渡り減速させた太平洋変動
地球温暖化を15年に渡り減速させた太平洋変動

メンバー

  • 小坂 優 准教授
  • 専門分野:気候変化、異常気象、気候シミュレーション
<2019年5月現在>

関連タグ

ページの先頭へ戻る