グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

フェロー Fellow
伊藤 節 ITO Setsu

先端研フェロー

E-mail: studioitostudioito.com

外部リンク 別ウインドウで開く STUDIO ITO DESIGN

略歴

1987年   3月   筑波大学 芸術専門学群デザイン専攻  卒業
1989年   3月   筑波大学大学院 芸術研究科 修士課程  修了
1989年   4月   Studio Alchimia/Alessandro Mendini デザイン研究所 (ミラノ)  勤務
1989年 11月   Angelo Mangiarotti 建築デザイン研究所 (ミラノ)  勤務
1995年   7月   STUDIO ITO DESIGN/伊藤節+伊藤志信デザイン研究所 (ミラノ)  代表取締役CEO
1999年   1月   IED (インスティチュート・ヨーロペオ・ディ・デザイン) ミラノ校 契約教授
2000年   5月   多摩美術大学 情報デザイン学科 特別講師
2001年   2月   DOMUS ACADEMY (ミラノ) デザインマスター修士課程 契約教授
2006年   6月   ミラノ工科大学 デザイン校 (国立/ミラノ)  契約教授
2006年 12月   筑波大学 芸術専門学群 非常勤講師
2007年   7月   筑波大学大学院 人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻 非常勤講師
2009年   6月   べネツィア大学 IUAV デザイン校 (国立/べネツィア)  契約教授
2017年   6月   ミラノ工科大学 デザイン校 (国立/ミラノ)  契約教授
2017年   1月   Raffles Milano Istituto (ミラノ)  デザインマスター 契約教授
2018年   1月   東京大学 先端科学技術研究センター 客員研究員
2019年   1月   東京大学 先端科学技術研究センター フェロー

研究分野

ルネサンス以降の欧州、イタリアではデザインは社会、生活に必要な全ての「こと」の問題解決を試み、全ての「もの」に形を与える行為と位置づけられてきました。ブルネレスキ、ミケランジェロ、レオナルド・ダビンチに見られるような、まさに万能人による創造行為であると思われてきました。欧州におけるデザインの歴史は、デザインが主導する「ものごと」の開発、イノベーションの歴史ともいえるものです。一方日本では、デザインの歴史は第二次世界大戦後の工業化の中から生まれた、商品を差別化するために意匠を与える行為だと思われています。実際にはそれよりもずっと以前から行われてきた美しい社寺建築や工芸の歴史があるにも拘らずです。レオナルド・ダビンチの同時代には千利休のように「ものごと」の新たな意味や価値の創造を行なった人もいました。
私たちの研究室では、欧州、日本を中心に国際的な企業、研究機関と分野を超えた先端技術製品、伝統技術製品、工業製品、手工芸製品に至る様々なプロダクトから、空間環境、建築、インテリア、商品パッケージに至るまで、大きな空間から手のひらにのるもの、様々な大きさ、タイポロジー、素材、製法の異なるもの等、多岐にわたるデザインを総合的に行っています。「もの」そのものの形をデザインすることにとどまらず、そこに生じ得る関係性、ストーリー性も含めてデザインすることを行なっています。絶えず変化していく人と人、人ともの、人と社会とものの関係性をデザインをしています。幅広い領域の開発経験、様々な分野の識者とのやりとりを通じ、個々の「もの」や「こと」に新しい視点を見い出し、新たな意味を与え、新たな問題解決を目指します。デザインするときに、その対象のカテゴリー、タイポロジーを意識することはあまり意味がありません。椅子をデザインするのにあえて既存の椅子を意識せず、その椅子が生み出すであろう新たな意味や価値の創造を見据えてデザインしていきます。
ルネサンスから500年の時を経て、人間、地球、宇宙環境の調和を求められるこの新たな時代に、デザイン主導のバランスのとれた「ものごと」づくりの研究開発を実践して参ります。

キーワード

ものごとのデザイン、問題解決史、価値の創造、製品意味論、関係性のデザイン


サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo