グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
研究について

本文の開始

研究者一覧

特任教授 Project Professor
田中 十志也 TANAKA Toshiya

システム生物医学 分野

E-mail: tanakalsbm.org

Office: 4号館 3階

Tel: 03-5452-5025

FAX: 03-5452-5025

外部リンク 別ウインドウで開く 研究室ホームページ

2018 Research book (PDFファイル: 1.1MB)

略歴

1993年  3月  東京薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了 
1993年  4月  グレラン製薬(現あすか製薬)研究開発本部 
2004年  9月  東京大学大学院工学研究科博士課程修了 
2004年10月  東京大学先端科学技術研究センター 特任助手 
2006年  2月  東京大学先端科学技術研究センター 特任助教授 
2007年  4月  東京大学先端科学技術研究センター 特任准教授 
2015年  4月  東京大学先端科学技術研究センター 特任教授

研究分野

核内受容体は、発生・分化といった生理的因子あるいは環境因子等の種々の刺激に応答してリガンド依存的に遺伝子発現を調節する転写制御因子です。これら核内受容体は、糖尿病や動脈硬化症といった代謝異常症、薬物相互作用あるいは癌細胞の増殖にも関与しており、薬物開発のターゲットとして注目されています。私どもは核内受容体の生理的機能、組織あるいは細胞特異的な発現、リガンド特異的に形成される転写複合体を明らかにするため、モノクローナル抗体を作成して局在解析、ChIP-seq法、およびtargetedプロテオミクスを推進しています。
核内受容体の局在解析
タンパク質の組織や細胞局在に関するデータはそれらの生理的機能を類推する上で有用な情報源です。私どもは免疫組織学的検討によって核内受容体の組織および細胞局在について検討を行っています。
ChIP-seq法を用いた核内受容体結合部位の同定
ChIP-seq法はゲノムDNAと標的タンパク質との相互作用を免疫沈降法と数百万におよぶDNA断片を同時シークエンスすることが可能な高速シークエンサーとの組み合わせで特異的に検出する方法で、この手法を用いてゲノム上の核内受容体結合部位の同定を行っています。
核内受容体のtargetedプロテオミクス
タンパク-タンパク相互作用は核内受容体の転写活性およびその標的遺伝子の発現を規定しています。私どもは、ショットガンプロテオミクス法にて核内受容体タンパク複合体を同定しております。
 

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo