1. ホーム
  2. 研究について
  3. 代謝医学分野  酒井研究室

代謝医学分野  酒井研究室

環境と栄養によるエピゲノムとメタボローム変化を解析し、生活習慣病の解明と新たな治療に挑む

エピゲノム解析から生活習慣病を解明

肥満にともなう2型糖尿病、高血圧、高脂血症、冠動脈疾患といった生活習慣病やがんなどの多因子疾患の解明は21世紀の生物医学の大きな課題となっています。これらの疾患は遺伝的素因とともに栄養を含めた環境からの刺激も大きく関与します。環境変化などの刺激はDNAやヒストンのメチル化などの化学修飾がエピゲノムとして記録され、生活習慣病の発症に深く関与していると考えられています。私たちは環境刺激や栄養による代謝変動やエピゲノム変化を解明し、体質改善と生活習慣病への新規治療法を目指しております。
このために、
(1)絶食・飢餓におけるシグナルをメタボローム、エピゲノム解析から解明
(2)脂肪細胞に分化していくエピゲノムとメタボロームの解明
(3)寒冷刺激に適応したエピゲノム解析から脂肪を燃焼しやすい「良い脂肪細胞(ベージュ細胞)」へ誘導する機構の解明を目指し、エピゲノム酵素への翻訳後修飾を標的とする生活習慣病への新たな治療標的の創出を目指します。

環境と栄養によるエピゲノムとメタボロームを解析し、生活習慣病の解明と治療に挑む
環境と栄養によるエピゲノムとメタボロームを解析し、生活習慣病の解明と治療に挑む
脂肪燃焼する「質の良い脂肪細胞」 を誘導できる創薬標的の開発に挑む
脂肪燃焼する「質の良い脂肪細胞」 を誘導できる創薬標的の開発に挑む

メンバー

  •  酒井 寿郎 教授
  • 専門分野:栄養代謝医学
  •  松村 欣宏 准教授
  • 専門分野:分子細胞生物学、システム生物学、エピジェネティクス
<2020年5月現在>

関連タグ

ページの先頭へ戻る