1. ホーム
  2. 研究について
  3. 知的財産法分野  玉井研究室

知的財産法分野  玉井研究室

知的財産法学・知的財産をめぐる立法政策

わが国の競争力の強化と知財

グローバル化の進展や各分野の技術革新を受けて、知的財産をめぐる法制度も、変革を要請されています。当研究室では、以下のような分野で、そのための議論をリードしています。

(1)標準必須特許の権利行使

知的財産法分野での世界的なトピックが、標準必須特許権の権利行使に対する制約に関する問題です。一定範囲で権利行使を抑制するのは必要ですが、行き過ぎると技術革新と標準化を阻害します。そういう問題意識から、最適解を探求しています。

(2)営業秘密法

産業スパイによる営業秘密の窃取が、近年の米国では大きな課題となっており、高額の損害賠償や厳格な刑事罰を裁判所が科すほか、立法も活発です。わが国のみが国益を損なう状況を避けるため、集中的な研究を行い、一部は不正競争防止法改正に結実しました。

(3)国境を越えた特許権侵害行為への法の適用

国境をまたいで一つの発明を実施するということは、かつては考えられませんでした。しかし今日、情報通信分野のシステムなどでは、当たり前のことになっています。特許権が国ごとに発生するという原則の下で権利をどう適切に保護していくかを考えています。

(4)医薬医療関連特許と法規制

医薬医療産業では、製品の安全性や患者のアクセスを確保するための法規制が多く存在する中、イノベーションの成果として新たな医薬品・医療技術を創出、普及することが求められます。産業発展のために適切な特許制度の在り方を、イノベーションとパブリックヘルス、国際競争と国際協調などの視点を軸に検討します。

サテライトオフィスの様子
サテライトオフィスの様子
サテライトオフィスの様子
サテライトオフィス(千代田区丸の内 サピアタワー8階)

メンバー

  •  玉井 克哉 教授
  • 専門分野:知的財産法
  •  桝田 祥子 准教授
  • 専門分野:知的財産法、特許法、医薬・医療関連法
特任助教 久保田 隆
<2020年5月現在>

関連タグ

ページの先頭へ戻る