グローバルナビゲーションの開始

  1. ホーム
  2. 先端研について
  3. 研究について
  4. 産学官連携
  5. 国際連携
東京大学 先端科学技術研究センター

本文の開始

先端研ニュース

3月8日より行われるSouth by Southwestに先端研からTodai to Texas 2019 Demo Dayを勝利した2チームが参加します:その2 稲見・檜山研究室

2019年2月22日

東京大学発のスタートアップやプロジェクトチームの、米国テキサス州オースティンで開催される展示会「South by Southwest (SXSW)」への出展を支援する、東京大学産学協創推進本部主催プロジェクト「Todai To Texas(TTT)」。2018/9/24に実施されたTTT2019 Demo Dayの結果、東大代表として7チームが選出され、3月8日からのSXSW2019に参加することになりました。
7チームのうち先端研からは山下・セット研究室の「Eagle photonics」と、稲見・檜山研究室の「LevioPole」の2チームが出場します。

#####

稲見・檜山研究室(身体情報学分野)の参加について
身体情報学分野 学術支援専門職員 佐々木 智也

先端研 身体情報学分野 稲見・檜山研究室の研究成果である「LevioPole」とその研究メンバーが3月8日からアメリカ、テキサス州で開催される世界的なイベントであるSXSWに出展します。
 
出展予定の研究は、プロペラを複数用いた棒状のデバイスによって空中で触覚提示を行うことができるデバイスを開発し、VRコンテンツや日常での活動への応用を目指しています。本研究は、JST ERATO 稲見自在化身体プロジェクトの研究成果のひとつで、SIGGRAPH 2018 Emerging Technologiesなどで発表を行なっています。9月に東京大学で開催されたTTTのデモデーで入賞し、東京大学 産学協創推進本部のサポートのもと、佐々木智也学術支援専門職員らが参加します。
 
出展イベントのSXSWは、1987年にインディーズの音楽祭として始まり、30年を経た現在では、有料参加者だけで10万人以上が来場する巨大カンファレンスです。学生から著名企業のエグゼクティブ、クリエーター、アーティストまでがフラットな立場で参加する、この規模では稀に見る国際的なイベントです。本イベントにおいて、研究成果の実社会への展開・実装に向けたプロモーションを行います。
 
LevioPole
TTT2019 Demo Dayでの発表の様子
 
 

Todai to Texasについて
http://todaitotexas.com/
 
South by Southwestについて
https://www.sxsw.com/

#####

関連リンク

プレスリリース
    持ち運び可能な高出力のロッド状触覚デバイスを開発

3月8日より行われるSouth by Southwestに先端研からTodai to Texas 2019 Demo Dayを勝利した2チームが参加します:その1 山下・セット研究室

サイト情報の開始

page top

Copyright (c) RCAST, The University of Tokyo