1. ホーム
  2. 研究について
  3. 身体情報学分野  稲見・檜山・瓜生研究室

身体情報学分野  稲見・檜山・瓜生研究室

人間工学、生理学の知見に基づき、身体性をシステム的に理解し設計可能とする

生理的・認知的・物理的知見に基づいて、システムとしての身体の機序を追究する「身体情報学」。人間が生得的に有する感覚・運動・知的処理機能を、物理的あるいは情報的に補償・拡張します。機器に代替作業をさせる「自動化」と並立する概念として、機器や情報システムを身体の一部のように「人機一体」に扱い、やりたいことが自在にできる「自在化」技術を提唱しています。

自在化技術

自在化状態の実現には、人間の意図のセンシングと、作業対象や環境に関する情報のフィードバックが求められます。生体・環境情報のセンシング技術、機械学習等による意図推定・行動予測技術、五感に作用するアクチュエーション技術を統合し、人間の入出力を拡張します。

新たな身体観の獲得と社会実装

バーチャルリアリティ、拡張現実感、ウェアラブル技術、ロボット技術、テレイグジスタンスなどを援用し、超身体、脱身体、変身、分身、合体といった新たな身体観を工学的に実現します。人間の身体能力の拡張により、超高齢社会における就労支援、超人スポーツなどに関する社会実装を目指します。

体験・記憶の拡張・伝達に関する技術

主観的な体験・経験を身体や時空間に広がる視覚・聴覚・触覚情報として記録、再生、伝達するシステム開発、そして、長期間におよぶ経験や記憶の保存と回顧に寄与するデザインに取り組んでいます。前者は伝統技能の伝承へ、後者は「終活」や慰霊・追悼といった用途への応用を想定しています。

身体性の編集
自在化技術と身体性編集
地域活動へのマッチングプラットフォーム「GBER」
地域活動へのマッチングプラットフォーム「GBER」
故人を偲び弔うためのデザイン「Fenestra」
故人を偲び弔うためのデザイン「Fenestra」

メンバー

  •  稲見 昌彦 教授
  • 専門分野:人間拡張工学、バーチャルリアリティ、エンタテインメント工学
  •  檜山 敦 講師
  • 専門分野:複合現実感、ヒューマンインタフェース、ジェロンテクノロジー
特任講師 瓜生 大輔
<2020年5月現在>

関連タグ

ページの先頭へ戻る